« スタパ斎藤氏とわし | トップページ | 忙しいあなたの為のネットゲーム »

2004.01.20

松岡圭祐 「カウンセラー」


cover

4ヶ月連続ハードカバー刊行の、最後を飾ったカウンセラーをやっと読みました。
嵯峨敏也が主人公の催眠シリーズの最新作です。
(催眠はSMAPの稲垣吾郎で映画化とかTVドラマ化されてますな)

千里眼シリーズにサブ主人公として登場する嵯峨はちょっと弱キャラですけど、
自分のシリーズではさすがにかっこいいです(゚∀゚)

松岡圭祐の本はどれも毎回クライマックスで泣いちゃうんですが、
今回は途中で泣けました。
心の傷を負ったヒロインを、学校でカウンセリングするシーンです。
嵯峨のカウンセリングの描写は毎回毎回 泣ける(つД`)

松岡圭祐の本を読むようになって知ったけど、
カウンセラーってホントに人の心を癒す仕事なんですな。
うち明けられる悩みに対して、的確に相づちをうつ。
それだけのことで、人はずいぶん癒されるんですよね。
カウンセラーはそれのプロ。

悩んで悩んで頭や心がいっぱいいっぱいになったときに、
溢れ出した悩みを上手に聞いてくれる人がいますか?
家族や恋人って、人の悩みを聞くのが上手とは限んないんだよね。
むしろ、辛辣に聞きたくもないアドバイスされたりして、余計辛くなったり。

だから、嵯峨の完璧なカウンセリングの描写を読んでると泣けます。
こんな風に話を聞いてくれたら さぞかし癒されるだろうと。

というわけで今回の話も良かったです。

ちなみに、催眠シリーズでもっと泣きたいのなら、後催眠が一番おすすめ。
あっと驚くどんでん返しのところで号泣できます。
薄いし、さらっと読めます。
泣きたい人は読んでみると良いです。
まあ、催眠シリーズはシリーズ間の繋がりはあまり気にしなくていいので、
どれから読んでもイイですよ。

泣けない場合でも、勉強になります(^^)/
(TVでやってる催眠術とカウンセラーの催眠療法の違いとかね)

さあ、次回作は何かな~。
刊行ペースが速いので実に嬉しい作家さんです。<松岡圭祐

|

« スタパ斎藤氏とわし | トップページ | 忙しいあなたの為のネットゲーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/119529

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡圭祐 「カウンセラー」:

» カウンセラー [一意専心]
カウンセラー 音楽の力で子供達と向き合ってきた女性小学校教員を襲う、両親子供皆殺し事件という悲劇。犯人は13歳の少年。それは改正された少年法の範疇すら... [続きを読む]

受信: 2005.04.03 20:42

» 読め過ぎる [ゲームと本と酒の日々]
松岡圭祐氏『カウンセラー』。 『催眠』『後催眠』に続く嵯峨敏也主人公の第三作目、岬美由紀にいつも押され気味の『千里眼』シリーズでの客演ではない嵯峨敏也の魅力が溢れています。いつものように抜群すぎるリーダビリティであっという間に読んでしまいました。不条理に両親と子供二人を惨殺される事件の遺族となった感覚が異様に敏感な女性・響野由佳里が、法律で罰せられない子供の加害者達を自力で裁いていく悲しい物... [続きを読む]

受信: 2005.10.28 19:52

« スタパ斎藤氏とわし | トップページ | 忙しいあなたの為のネットゲーム »