« 薄型デジカメ型のGSM携帯電話 | トップページ | 褒賞機ザクII(+2)★★を目指して »

2004.02.03

愛すべき娘たち/よしながふみ


cover

そんなわけで、よしながふみの新作「愛すべき娘たち」を読んで泣いてしまった純水です。
ああもう、よしながふみは泣けるね!

いっつも知人に借りて読むんですけど、自分で買いたくなっっちゃう漫画ですねえ。
西洋洋菓子骨董店」と「彼は花園で夢を見る」しか読んでないんだけどね~。
この人の描く漫画は、「間」と「セリフ」と、そして作者の人に対する優しい視線が素晴らしいですな。
松岡圭祐に通じるところがあるよ。

今回の話では誰でもそうだと思うけど、莢子の話、佐伯の話が、とくにグッときました。

もっとたくさん読みたいんだが、もともとボーイズラブを描いてた作家さんらしいね…。
あんまり過激でないのならば、機会があったら読んでみたいのう。

|

« 薄型デジカメ型のGSM携帯電話 | トップページ | 褒賞機ザクII(+2)★★を目指して »

コメント

よしながふみなら、オレに語らせろ!(笑)

…といいたいところだが、書き込む時間が…
うち帰ってごはんつくんなきゃ…

純水が読めるのは、あとは「子どもの体温」(新書館)くらいかな~。
あとは悪いことはいわん、やめとけ(笑)。
あの人はボーイズラブを心から愛する人だから、男の人にはちょっと読めないと思うね。
しかし、どこの畑出身の人でも、いいものはやはりいいのですよ。ボーイズラブ雑誌でも群を抜いていいもの描いてました。
よしながふみ独特の台詞回しと(普通、漫画であんなにせりふが長いのは、ない…担当編集者、よくNGにしなかったなぁ)、独特の間は、漫画という技法だから成り立つのだと思う。表現しようとするものに対して、小説と漫画とではアプローチが違いますね。彼女の漫画は、たとえばドラマにはできても、ノベライズ化は難しいでしょう…
しかし、手法は違うが受ける印象が一緒、ってのは、よくある話なんですが。私が松岡氏の著作を読んでいたら、印象云々についても語れたかも知れませぬ。残念なり。
ちなみに私がよしながふみを知ったのは、6年くらい前でした。

は!帰らないとといいながら、こんなに書いてしまった!(笑)

投稿: 姫 | 2004.02.04 20:52

わ、姫が釣れた(^∀^)
さすが知ってたか。

わしが借りる友達もボーイズラブ系は持ってないらしいので、
読む手段はないんだけどね。まさか自分じゃ買わないし…。
わしは漫画読みとしての懐は深いつもりだが、読めないのかな~。

よしながふみの作品の雰囲気や間が、漫画だから成り立つというのは激しく同意。

映像化された西洋洋菓子骨董店も漫画とは別物だったようですな。

投稿: 純水 | 2004.02.05 01:45

映画まで時間があるのでカキコです。今日は「ミスティック・リバー」を見てみようかと。

ドラマはね、まったく別物でしたね。途中で見るのをやめました。きっぺーはまんま橘ってカンジですごくよかったのですが。そもそも、主役がエイジってあたりでまず違う(いや、タッキーはキライじゃないけど)。小野の女嫌いの原因が義理の姉貴にあるってのでさらに違う(ここはやっぱ原作の理由をもってこないといかんでしょう。小野というキャラを立たせるためには。でも、藤木くんはメヂカラがすごすぎて、はじめ本気でホンモノかと思ってしまったほどでした(笑))。そもそも、あの話にメインの女性キャラはいないんですよ。まぁね~、もろもろの問題で、作り手が違えば話も違うってのは当然にしても、ドラマってのはなんであぁも話を崩したがるかね。共通してたのは、「いい男が4人いて」「その男どもがケーキ屋をやってる」ってことくらいですかね。
与える印象が同じならば、題材をどういじってもいいのではないかと常々考えている。というか、思い切っていじるべき。作り手が違うのだから、いくら同じ題材で努力してみても、まったく同じ話など作れません。ましてや、漫画とドラマ。手法もまったく違う。腐心してほしいのは、いかに面白く、いかに同じ印象を与えるかということ。半端に原作真似るから、どれもこれもおもしろくないんじゃないのか、昨今のドラマは。
…思わず熱くなってしまいました(笑)。

う~ん、懐深くてもちょっとどうかと思うねぇ…。M男キャラな純水ならあるいは…う~ん、でもなぁ…(笑)初期のやつなら読めるかも。「ソルフェージュ」「本当に、やさしい。」…これくらいかな~。あとは、まぁたとえて言うなら、袋詰めにされて本屋の奥の一種異常な近寄りがたい(というか近寄るのも恥ずかしい…)18禁コーナーに並べてあってもおかしくないくらいの内容。読んでみる勇気、あるかい?(笑)

投稿: 姫 | 2004.02.06 21:11

原作付きの場合、同じ印象を与えられるかに腐心せよか。
なるほどなあ。

今やってる「嗤う伊右衛門」は観る?
原作まだ読んでないから観るか悩んでる。
京極の雰囲気出てるのかなあ。

---------
「ソルフェージュ」「本当に、やさしい。」
機会を作って読むです(^∀^)
ネットカフェに置いてないかな~。無理かな~。

投稿: 純水 | 2004.02.12 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/164112

この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべき娘たち/よしながふみ:

« 薄型デジカメ型のGSM携帯電話 | トップページ | 褒賞機ザクII(+2)★★を目指して »