« 読売新聞のこどもの詩 | トップページ | 鼻血の後日談 »

2004.02.08

火星探査車スピリット 岩石調査再開

■火星探査車スピリット 岩石調査再開

そんなわけでスピリットタンが復活した模様。
めでたいねえ。うれしいねえ。
∩(´∀`∩)ワショーイ∩(´∀`)∩ワショーイ(∩´∀`)∩ワショーイ

わしは先端科学技術が大好きなんで、当然このスピリットタンにも注目していたのです。
でも着陸成功後すぐ故障してしまってすごく哀しかったんですな。
だって、NASAのスタッフが現地に行って修理するわけにはいかないんだから大変ですよ。
NASAのスタッフも真っ青になって復旧作業を遠隔操作で行ったんだろうなあ。
そのスタッフの心意気に応えて奇蹟の復活を成し遂げたスピリットタン!
その名の通り「魂」があるよ!エライよ!

超遠い、あの夜空に輝く真っ赤な火星の、その地上を、人類が作ったロボットが2台も走り回ってるなんてすっごいロマンですよ!
まさに21世紀って感じで燃えますな!

がんばれスピリットタン&オポチュニティタン! もっとがんばれ! 超がんばれ!

|

« 読売新聞のこどもの詩 | トップページ | 鼻血の後日談 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/178085

この記事へのトラックバック一覧です: 火星探査車スピリット 岩石調査再開:

« 読売新聞のこどもの詩 | トップページ | 鼻血の後日談 »