« スーパーカー世代 | トップページ | 胎児へドーピング »

2004.03.14

日本一の石段3333段

そんなわけで若い身空でヒザが悪い純水です。
トイレは和式はダメで、洋式オンリーです。和式はヒザが痛いんですよ。
高校の時のマラソンで痛めてしまって幾星霜ですよ。

それなのに、ああそれなのに、職場の旅行で九州の熊本県にある日本一の石段にチャレンジする事になってしまったのですよ。
有志の旅行なので強制じゃないのに、真っ先に参加したがるのはなぜなんでしょうな。

この石段、熊本県下益城郡中央町にある石段でして、昭和63年に完成したものです。
3333段もあります。さんぜんだん!
頂上には釈迦院という千年以上前から続くお寺があります。

この石段には10年以上前にわしの両親も登頂にチャレンジしまして、登頂には成功したものの帰りは救急車で運ばれたという因縁の場所です。
体の弱い方は無理しない方がいい場所です。
わしはヒザが悪いので周りから執拗に止められたのですが、まあ旅行に参加する事に意義があるのと、親の敵を取ろうと思い、行ってきました。
目標は500段です。弱っ!

ちなみに集合場所に着いて、メンバを待っていると結局参加者は6人。うち、小学生1年生の女の子が一人。
なんつーか、有志とはいえ、これ、職場の旅行か!? 参加者少なすぎです。

とはいえ、面白かったですよ。
旅行全体の事は省略して、メインの石段の事についてだけ書きますね。

まず登りはじめて思った事は、ヒザはどうもないけどモモが痛いということ。
100段登る頃にはモモが張りました。普段使わない筋肉なのでしょう。

でも登り続けると慣れてくるのか痛みもなくなり、目標の500段はけっこう軽々クリア。
こうなりゃ行けるところまで行ってみようと、命令を「いのちだいじに」から「がんがんいこうぜ」に変えました。

とんとんとんと200段ぐらい登って後続のメンバを待つ、って感じで登りました。
待つ時は、座らずに立ったまま休みます。
他人のペースで登るとキツさ倍増なのと、休むとき座ってしまうと二度と立てなくなりそうなのでそんな作戦です。

石段は途中途中に踊り場があったり、90度曲がっていたりするので、ずーっと先まで見通せるわけではありません。
また100段ごとにマイルストーン(石碑)があるので、小さな目標が立てやすくなってます。
あそこに見える○百段の石碑まで登ろうとか、あの休憩所までは登ろうとか。
途中何回か、200段以上の直線があるのですが、そういう所が視覚的にも体力的にもキツイですね。
あんなの登れねえよ!ってキレそうになったり。

あとは地形的に石畳の平地なんかもあるので、そういうところは普通に歩きながら少し休めます。
階段の段数的には稼げないポイントなので、なんか残念なんですけど(^^;)ベ

また、わしらが登ったのは土曜日だったこともあり、人出がけっこうありました。
わしらのメンバには小学生がいるのでパーティとしてはゆっくり登るわけで、どんどん追い抜かれます。
毎日登ってる風のジョギングスタイルの方、旅行客風の家族連れ、部活動の自主トレ風の高校生、若いカップル、子供だけのグループ、犬、などなど。
老若男女頑張ってましたよ。走ってる人もけっこう多いんです。

当然、すでに頂上まで行って降りてくる人たちとすれ違うのですが、「こんにちは」と声を掛け合うのがイイですね~。
山に登ると当たり前ですけど、こういう階段登りでも常軌を逸した段数になると、それはもはや「山」なんですな。
木々も綺麗でマイナスイオンに溢れてるし、きついけどすごく気持ちのいい体験が出来ました。

そんな感じで、励まし合いながら無理をせずにたらたらと2時間かけた結果、メンバ全員が頂上まで登る事が出来ました(⌒▽⌒)
小学生の子も無事に登頂成功。

頂上の展望施設でお弁当を食べました。
天気もいいし、風はないし、コンディションが良かったせいか、長崎県の雲仙普賢岳も見えました(⌒▽⌒)

しばらく休んで、石段頂上からちょい先にある釈迦院も見学しました。
歴史あるお寺で、風情がありましたよ~。

んで、いよいよ下山、というか階段を下り始めたのですが、これが予想以上にきつかったです。
話には聞いていましたが、登る時とはまた別のキツさ。
下り始めた最初の1000段は足が笑いまくり。大爆笑。
とにかく普段使わない筋肉を酷使するので、ふくらはぎが大変な事になるのです。
踊り場とかでじっと立つと、足だけがガクガク震えます。
筋肉が痙攣しまくるんですな。

登るよりも断然早く下りられるのですけど、休まないと足がつりそうになるので休みまくり。
登りとは違って座りまくりでした。

そんな感じでしたので結局、下りきるのにも2時間かかりました。
でもメンバ全員がリタイアすることなく完走できたので良かったです(⌒▽⌒)

登り切ると満足感があるので、熊本県に旅行された際にはチャレンジしてみると良いですよ~。
その時は、登山のつもりで参加すると吉。
途中の水道は全て止まっているので、ペットボトルの500mlを2本持って行くと助かるでしょう。
1本じゃ、足りないです。


------------
<おまけ1>
当然、その夜は居酒屋で乾杯したわけです。
2次会でカラオケに行こうと誘ったのですけど、いい加減にしろと言われました(^^;)ベ
たいがいに疲れ果てているのに、歌なんぞ歌えるか!と。
それでも強引に誘って4人で2次会にバーに行って、呑まずに歌っちゃいましたな。2時間ほど。
その後、まだ元気が有り余ってたわしは一人で居酒屋行ってうどん食べました。
無駄に元気です。

<おまけ2>
日が変わって、日曜日。
当然のごとく、ふくらはぎが強烈な筋肉痛です。
心配してたヒザはどうもないので、良かった良かった。


■るるぶ熊本 (’05)

JTB 2004-08
売り上げランキング : 49,880

おすすめ平均
いよいよ、キタ~!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

|

« スーパーカー世代 | トップページ | 胎児へドーピング »

コメント

ご苦労様!健康的で素敵です。職場でのイベントが多くて良いですね。私のところは最初の歓迎会だけで後は、お誘いがありませんよ。3月末で終了しますがこのまま何もないかもしれない。まとまりのない職場らしいです。純水さんの職場と全然違いますね・・・どっちがいいのか?その人次第ですが・・・

投稿: roni-roni | 2004.03.15 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/299759

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の石段3333段:

« スーパーカー世代 | トップページ | 胎児へドーピング »