« 電脳化の臨床試験 | トップページ | 紙素材の光ディスク »

2004.04.15

死後に記憶抽出

そんなわけで科学技術の発達にわくわくする純水です。

でもちょっと不安なことが。

人は誰しも邪なことを考えますが、考えるだけで普通は表に出しませんよね。
とても他人には言えない、あんな事やこんな事。
誰も知らない自分だけの秘密。
あのときの失敗や恥ずかしい思い出。

もしも他人に知られたら恥ずかしさで身悶えするような事を、誰でも心の中に抱えてると思います。

だいたいはそういうモノを外に出すことなく死んでいくんですけど、科学技術が発達して電脳化されて、そんな「秘密」が他人へ「だだ漏れ」になったらどうしようとか考えますな。
不安ですな。

それだけにとどまらず、死んだ後も脳に電極を繋いで、生きてた時の記憶を読み取るような装置が開発されたりするとタマランですな!
犯罪の捜査には役立ちそうですし、芸術家の脳の中なんて興味津々ですが、自分がそんなことされるかもしれないと考えるとゾッとしますな。

昨今の科学技術の進歩の速度をみていると、そんな不安にかられます。
そんなわけで、なるべく邪なことは考えないようにしたいと思いながら生活するわしです。

|

« 電脳化の臨床試験 | トップページ | 紙素材の光ディスク »

コメント

超同意

投稿: W.K. | 2008.08.03 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/446261

この記事へのトラックバック一覧です: 死後に記憶抽出:

« 電脳化の臨床試験 | トップページ | 紙素材の光ディスク »