« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »

2004.03.13

ぷよぷよ通 3色19連鎖

■ぷよぷよ通 3色19連鎖

わし、ぷよぷよには○十万円ぐらい注ぎ込んだと思うけど、それでも14連鎖ぐらいしかできなかったなあ。
才能だと思って、その先を目指すのは諦めました…。
どんな分野でも世の中にはスゴイ人がいるよ(´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬にあげると危険

■犬にあげると危険な食べ物

今度ワンコロ飼う時は参考にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.12

半身浴のお供に

■カラーLEDヒーリングライト【リピュア】

お風呂の電気を消して、お気に入りの入浴剤を入れて、こんなん浮かべてボーッとしてみてはいかがか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストレッチしてみては?

■ちょっと休憩。パソコンの前ですぐできる自己治療

たまには気分転換にストレッチでもしなされ。
ここまで激しくなくてもいいから(^∀^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.11

顧客情報の通信販売開始

■顧客情報の通信販売開始、ジャパネットたかた

関係者は笑えないんだけどね。
昨今流行の顧客情報漏洩事件を元ネタにした嘘ニュースです。

企業は気をつけないと大変だよホント。

続きを読む "顧客情報の通信販売開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメ+ZIPPO=007

■ZIPPO型デジカメ

タバコ吸わないから、わしには関係ないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近日公開映画の予告編

イノセンスが始まる前にやっていた予告編について少々。

■ニンニン・忍者ハットリ君
思わず脱力するような映画予告編でした。
これからすごい映画を観ようって時にいきなり気持ちを萎えさせてどーする(´Д`)
そして、「仕事は選ぼうよ>香取慎吾」と思った。
そして、いったい誰をターゲットにした映画なんだ!?

■スチームボーイ
「MEMORIES」以来、久しぶりの大友克洋作品です。
動いてるの初めて観たけど、普通に空想科学冒険活劇って感じで良さそうでした。
「イノセンス」「ハウルの動く城」に並ぶ、今年の3大アニメでしょうなあ。
全部、アメリカで上映すればアカデミー賞のアニメ部門に3作ともエントリーされそうな感じ。
あ、ただ大友作品はすぐに肉塊とケーブルがゲログチョになるので、今回はあのパターンは止めて欲しい(´Д`)

■下妻物語
田舎でゴスロリファッションを貫き通すって映画です(⌒▽⌒)
わしはMANA様とかナイアスとか好きなのでこの映画、ちょっと興味あります。
主題歌もTommyだしね。
でも、映画館で観ようとは思わないんだなあ。
ビデオで十分ですな。
とか、言いながら公式サイト見て回ってたら、BGMは菅野よう子か!うひゃ。ちょっといいかも!


■キューティーハニー
庵野秀明の新作です。
なんで実写を撮ろうとしたがりますか、この人は。
まだ懲りないのか!こないだ失敗したばかりでしょ!
映像は、なんか庵野風味が出てた様に思いましたが、それが良いか悪いかは別の話。
もうね、実写版鉄人28号とか、実写版キャシャーンとか、やめようよ。>日本映画界
素直にアニメにお金使いなさいや。

■VAN HELSING
これだけ洋画の予告編。
オーソドックスな吸血鬼モノ。特に興味をひかれるような予告編では無かったです。

■まとめ
これだけ本編前に「ワクワクしなくなる予告編だらけ」ってのもめずらしいわ(´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノセンス

そんなわけで、押井守最新作「イノセンス」を観てまいりました。
来年ぐらいの公開のつもりでのんびり構えていたら、先週土曜に公開だったそうで(^^;)ベ
月曜に気付いて、あわてて友達を誘ったのですが「平日は無理なり~」と断られたので、今日一人で行ってきました。友達の休みなんか待ってられないのよ~。
んでレイトショーで1200円なり。

でもこの映画は一人で行って正解でしたよ。作品を堪能出来ましたから(⌒▽⌒)
平日レイトショーってことで観客も少なかったのでベストポジションで観る事ができました。


で、感想。
ひとことで言えば、「押井守あんた偉いよ!」って感じ。
以下、なるべくネタバレをせずにレビュー。

◆映像
まず美術が凄いっす。次にその美術を成り立たせるCGが凄い。
そしてその上で演技をする人物達のアニメの表現も凄い。演技って感じ!

美術は、開始10秒で、うぉ~~~押井守の世界じゃ~~って感動しました。
ホント、オープニングからとんでもない映像が展開しますよ。
最後まで観れば「いま世界でもっとも最先端を行く映像作品だ」と言い切れます!
実写とかアニメとかCGとかの垣根を越えた、最先端の映像って感じ。
今のハリウッドにこんな作品は作れないし、日本でもこの完成度でまとめられるのは押井守だけでしょう。
前作の「GHOST IN THE SHELL」からここまで進化したんだなあ、と涙が出ました。

「GHOST IN THE SHELL」の映像表現は、マトリックスをはじめとしたハリウッド映画へ相当大きな影響を与えましたが、今回の「イノセンス」もそれに負けず劣らず大きな影響を与える事は必至。
だって凄いもの。こんな映像見た事無いよ。
だから、世界の最先端の映像が観たいなら、今まさに劇場に足を運んでこの作品を観るべきです。

この映像を作り上げたプロダクションI.Gにも拍手!

◆ストーリー
ストーリーは、「GHOST IN THE SHELL」のそのまんま続編でした。
制作発表されたばかりの頃に、「GHOST IN THE SHELL」の後の世界のバトーとトグサが主人公の恋愛モノだと押井守が言っていたので、少佐は出てこないのかと思ったら、しょっぱなからセリフの端々に少佐出まくり。
もし、「イノセンス」観ようと思ってるなら、「GHOST IN THE SHELL」を観てからにしましょう。
じゃないと、ほとんど「イノセンス」のストーリーわからないよ。
世界設定も「GHOST IN THE SHELL」を観ておけばある程度理解しやすくなるはず。
「少佐」「電脳」「ゴースト」の3つは最低限押さえておきましょう。
個人的には「GHOST IN THE SHELL」を観ておけば「イノセンス」はそんなに難しくない話だと思いましたよ。

◆音楽
押井守作品といえばやっぱりこの人、川井憲次です。
「GHOST IN THE SHELL」のテーマソングがアレンジされて「イノセンス」にも登場。
あいかわらず名曲でした(⌒▽⌒)
絶対サントラ買おうと心に誓ったわし。

◆声優
「GHOST IN THE SHELL」に引き続き、大塚明夫・田中敦子・山寺宏一・大木民夫といった名優がずらり。
いわゆるアニメ声優のきゃぴきゃぴした演技は聞かずに済みます。
押井作品ではアニメなのに「キャラクターが動かずに演技をする」場面が多いので、やっぱ実力派にじっくり演技してもらうのがいいですなあ。セリフ回しも素敵で堪能しましたよ。
それから、押井作品としては「P2」以来、お久しぶりの登場の竹中直人・榊原良子のお二人。
竹中直人は俳優での演技の時だけでなく声優での演技も、めっちゃ上手いしかっこいいので、今回も痺れました。

そして榊原良子!
劇場に入る前にポスターを観ていて「うお!榊原さんだ!」と感激してしまいました。
んで、いざ劇中で榊原さんが登場した時は耳がハートになっちまいました(≧∀≦)
何を隠そう、わしがもっとも好きな女性の声は榊原さんの声なんですよ。
この人の声は素晴らしいですよ~。この人の声を聞いていると、もう脳から変な物質がどぱどぱ分泌されますな。
最高ですな。女性版の森本レオって感じか!?
あ、ちなみにハマーン様とかマウアーの声の人と言えばわかる人にはわかるかな?
ナウシカのクシャナと言った方がわかる?
あ、ニュースステーションのナレーションがメジャーな仕事か?

◆犬
犬でまくりです。
押井守作品といえば犬ですけど、今回ほど もろに犬が出るのも珍しい。
押井守がこの作品に本気で取り組んだ証拠でしょうな~。
バセットハウンドかわいいですよ。

◆未来小道具
さすが未来世界っていう技術がいっぱい出てきて楽しめますが、個人的に一番気に入ったのはデスクコンピュータです。机の上にパソコンのディスプレイなんか無く、机自体がタッチパネル的スクリーンになってる描写があります。
あれかっこいいし、確かにああいう風にこれから進化しそう。

◆テーマ1:恋愛モノとして
バトーが渋い!
「GHOST IN THE SHELL」で世界に溶けてしまった少佐を想い続けてるところと、それを表に出さず自分の中で消化しようとしているところと、でも寡黙なところ。
かっこいい男ってのはああいうもんでしょうなあ。
シーンとしてはやっぱクライマックスのあたりの「ジャケット」のシーンね。ホロリときます。
そして最後に少佐がバトーに与える言葉。
あの言葉は優しいけれど、少佐とバトーの存在の差を明確にするので、哀しかったなあ。
バトーかわいそうだよ。

◆テーマ2:人形と人間の境目
押井守が今どういう風に思っているのか、映画でどう伝えたかったのかは、わしには1回観ただけではよーわからんかったです。
わし個人の考えは、またいつか語る事にしましょう。

◆原作表記
オープニングでの原作表記で、「BASED ON THE MANGA OF SIROU MASAMUNE」って表記があったと思います。
要は「原作は士郎正宗の漫画だよ」って事ですが、「COMIC」じゃなくて「MANGA」ってところがいいよね!
そうだよ、COMICじゃないんだよ!MANGAなんだよ!
日本なめんな!って思いました。
わし日本大好きなんだよなあ。

◆最後に
思わず長くなってしまいましたが、それだけ良かったって事で。
わしとしては大絶賛&拍手喝采な映画でした。
「見たか!ハリウッドの映画人どもめ!これが日本の実力じゃ」とか、自分で作ったわけでもないのに誇らしくなるような映画でした。
日本のアニメがどれだけ凄いか知りたい方は是非観てね。
その時は、ストーリーを理解するために、先に「GHOST IN THE SHELL」2回以上観ておくと吉です。

わしも、もう1回は劇場で観ておきたいな~。
んでDVDになったら買っちゃいそうだわ~。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.03.10

「爆」は自爆じゃなくて爆笑

ネット上の文章を読んでると文末に「(笑)」とか「(泣)」とか書いてある事があります。
その中の一つ、「(爆)」はどんな意味だと思いますか?

例文:「会社で上司をお母さんって呼んじゃった(爆)」

わしは数年前まで「自爆」の意味だと思ってたので、上の例文だと「恥ずかしい話だから言いたくないけど、でもこの際だからぶっちゃけ話しちゃうと、こないだ会社で上司をお母さんって呼んじゃってさぁ、大恥かいたよ、こんな俺を笑っておくれ」って感じに解釈してました。恥ずかしい話を自嘲気味に話すニュアンスです。

でもホントは「爆笑」のことらしくて「(笑)」の強調型らしい。
だから上の例文も、「こないだ会社で上司をお母さんって呼んじゃったよ、笑っちゃうよなあ」になってしまい、ニュアンスが相当変わります。

わしはもともと自分で書く文章に「(笑)」も「(爆)」も使わないので誤用した事はないです。
ただ、誤読はしまくってたという話。

でも「自爆」の意味で通じる文章も多かった気がするから、「自爆」の意味で書いてた人もいたんじゃないかなあ、と今でも思います。みなさんは知ってました?

----------
<参考>
モニ太のデジタル辞典「w(わら)」


----------
てな事を書いた後でこんなサイトを発見。
一概に「爆笑」という意味でもないのかしら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.09

DIO「ロードローラーだ!!!!」

■ロードローラーだ!

やっぱDIOの仕業ですよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I still love you boy/Tommyfebruary6

もうすぐTommyfebruary6のニューアルバムが出るんで今日は最新シングルを聴いていました。
タイトル曲の「MaGic in youR Eyes」も良い曲ですけど、実はカップリングの「I still love you boy」 がもっと良いです!

こういう切ない曲調は、もろにわしの好みでして、エンドレスで聴いているとたまらない気持ちになります。
「切ない」「寂しい」「泣き」の入ったメロディが好きなんですな。
(歌詞は聴いてないので、わりとどうでもよい(* ̄m ̄)プッ)

the brilliant green にも切ない曲がたくさんあってそれぞれ好きですが、脳天気な曲の多いTommyfebruary6がこういう曲を歌うのは珍しいんで、よりいっそうじーんと来ます。
いい声してるよねえ。<Tommy

それから the brilliant green の奥田俊作 提供曲という事で、SAYAKAever since も聴いてました。
これも the brilliant green 風味の切ない系の曲でいいんですなあ。
SAYAKA って声が綺麗ですね。
この曲、the brilliant greenでカバーしてTommyも唄わないかなあ。
Tommyバージョンも聴いてみたい。

----------
みなさんは、どんな曲調が好きですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.03.08

超絶ギターテク!

■超絶ギターテク!

わしはギター弾けないからテクとかわからないけど、これは凄いよ。
リンク先を下にスクロールして、Speed Kills をクリックして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂浜にクリーンな広告

■ビーチスタンプ

こんなの見つけたら、子供が踏みたがる予感。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

寝るまでの時間を計る

■3時間睡眠で人は生きていける?

そんなわけで3度の飯より断然寝るのが好きな純水です。
この世の中でキライな事は、「朝起きる事」と即答出来ます。

でも、寝過ぎはやっぱ生産性のない行動ですよ。
適度な睡眠は絶対必要ですが、寝過ぎは無駄です。
さんざん寝過ぎたわしが言うんだから間違いありません。

さて上のリンク先では布団に入ってから寝るまでの時間を計る方法が紹介されています。
お試しアレ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.07

5時間で64曲

そんなわけで土曜日に呑み会。夜7時集合でメンバは4人。
わし以外はみな女性というハーレム状態でした(^∀^)

まず最初は居酒屋M。
わしは初めて行ったのに妙にマスターが馴れ馴れしくて、忙しいはずなのにわしの居るテーブルにばかり寄ってきました。
女性が多いからかと思ったけど、さにあらず。
「いらっしゃいませ」とわしだけ握手を求められたり、最初っから変なテンション。
みんなは「マスターが、純水さんを見る目が違う」と言ってましたし、わしも「このマスターはヤバイ!」って感じました。
料理の注文の時もわしが注文すると、他の店員さんいっぱいいるのに、マスター自ら飛んできますし…。
この店は危険なので、一人では行かない事にしよう(^^;)ベ

11時に移動して、カラオケKへ。
メンバーの中にわしとカラオケ行くのが初めてって友達がいて、その友達の歌が聴けたのが何よりの収穫でした。
わしが自分で歌いたいけど歌えない女性歌手の歌を、普通に歌ってくれたのが素敵すぎ♪

今回の機種はCYBERDAMで、歌い終わると何Kカロリー消費したか表示される機能があります。
さすが女性のメンバー、途中から1曲でどれだけカロリー消費するかを競うような感じになってきて、叫びまくり。
間奏の間も、そのメロディーを「ラララ~♪」って唄ったり、変な盛り上がり方をしました(^∀^)
ときどき、踊ってたし、跳ねてたし、なんかホンワカしました。

あと、部屋に雑記帳が置いてあったので、みんなが歌った曲をずーっとメモしていきました。
結局5時間いて、4人で64曲でした(⌒▽⌒) 一人16曲ですなあ~。
カラオケ屋の雑記帳って、この使い方が一番オモシロイと思います。
次回は曲ごとの消費カロリーも書こうっと。

しかしまた朝まで遊んでしまった…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「シャア専用」商標登録済み

「シャア専用」は商標登録済みなんだそうですよ。
それが、サンライズやバンダイとは関係のない会社に商標登録されている模様。
でも商品区分が文房具だから有効範囲は狭いかもしれない…。

そうそう、安彦良和のGUNDAM THE ORIGINの何巻かには「シャア専用スケール(定規)」がオマケで付いてました。
その定規にはガルマの絵が描いてあって、「はかったなシャア!」って書いてあるの。
シャアとガルマのエピソードを知っていればニヤリとしますな(⌒▽⌒)

<参考>
■巷にあふれるシャア専用グッズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年2月29日 - 2004年3月6日 | トップページ | 2004年3月14日 - 2004年3月20日 »