« 2003年12月28日 - 2004年1月3日 | トップページ | 2004年1月11日 - 2004年1月17日 »

2004.01.10

掲示板がダウン

掲示板が落ちてますなあ。
朝までに復旧すると良いけど…。
カウンタもよく落ちるしなあ。

無料のサービス借りてるんだから、あんまり強く文句言えないけど、
はやく復旧して欲すぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西安旅行記その4(日本人に対する風当たり)

中国遺跡巡り: 人民日報が選ぶ2003年日中関係十大ニュース

河村さんのココログ読んでいて思い出したけど、そうそう、
 >>西安で大規模な反日運動
この事件あったんですよね~。

ガイドさんからも、
街中で日本人とわかると因縁付けられる「かも」しれないので、
そういう時はなにも言わずに逃げてください、とアドバイスされました。

実際にそういうことはなかったですし、
「このクソ日本人が!」みたいな目で見られていることも無かったようですが、
押さえてくれていたのかもしれないなあ。

夕食を食べたレストランでは、
ウェイトレスのお嬢さんが少し日本語が話せる子で、
「大学で日本語習っていて、大学の学費の為にバイトしている。
いつか日本に留学したい。日本人に会えるからここで働いている」
なんていい話がきけたりして、
嬉しい気持ちになっていたんですけど、
やっぱり日本人キライなひともいたんだろうなあ。

旅行中にイヤな気分になること無かったので忘れてました。

なんか子供っぽい意見かもしれないけど、
同じアジアの民で、顔も似てるんだし、
みんな仲良くできればいいなあと思います。
その為には歴史を学ばないとなあ。

続きを読む "西安旅行記その4(日本人に対する風当たり)"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

あなたのハンドルは大吉?

■ ハンドルネームうらない(JUNKHUNT)

そんわけで小吉の純水です。
噂には聞いていたけど、こんなサイトもあるんですなあ。
10年使ってるハンドルが凶とかじゃなくて良かったよ(^^;)
自分のハンドルがどうなのか調べてみてはいかが?>all

ちなみにわしの場合、
本名のフルネームでも、本名の名前だけでも、アルファベット表記のJUNSUIでも、小吉でした(゚∀゚)
ゲームをする時にいつも使っている「シューギイン」って名前だと末吉でした。
純水の方がいいんだなあ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

西安旅行記その3(食事)

西安といえば、遺跡です。
 始皇帝陵と、それを護る6000体のハニワの眠る兵馬俑とか、
 楊貴妃ゆかりの華清池とか、
 阿倍仲麻呂記念碑のある興慶宮公園とか、
いくらでも名所があります。

それを語ってもいいんですけど、
写真サイトのほうに遺跡の紹介は譲ることにして、
今日は西安で摂った食事の話をば。

--------
旅行中、朝はホテルでバイキングor日本料理で、
昼夜はいろいろなレストランで中華料理でした。

中華料理って日本でもなじみがある美味しい料理なわけですが、
本場で食べるとどうなのか、すごく楽しみにしてたんです。

どんな感じだったかご紹介。

まず、毎回すべて、必ず回る円卓を囲んでの食事でした(^∀^)
中国ってアレしかないんだなあ。
(アレって日本生まれだってトリビアの泉でやってましたな…)

あと、お皿は椀も含めて無地の真っ白。
綺麗な柄のお皿に盛るという文化はないようでした。
箸は長めで30cm弱、先があまり細くなく、食べにくかったです。
取り箸も無いところがほとんどでしたから、
直箸で料理をとるのに抵抗ある人もいたみたいです。

一番多く出てきた食材はセロリとトマト。
セロリは炒め物な感じが多く、
トマトはスライスとか炒めものとかラーメンとかで出ました。
料理で一番多かったのは麻婆豆腐でしたね。
デザートは、スライスした西瓜が多かったです。
中国って年がら年中 西瓜とれるみたいでデザートの定番とのこと。

料理の味はどうか?

結論からいえば、ちょっと期待が大きすぎたかなと(^^;)

日本で食べる中華料理があれだけ美味しいんだから、
本場はさぞかし美味かろうと期待していましたが、
どれも油こかったなあ。

ほとんど西安の郷土料理を食べたんですけど、
日本で食べる中華料理をもっと油っこくした感じでした。
とろみのついた炒め物風が多かったです。
青椒牛肉絲っぽいのとか、エビチリっぽいのとか、
八宝菜っぽいのとか。
スープは、本場中国らしく、味がしない白湯みたいなスープです。
なんで中国のスープは味しないんでしょうね。
いっつも不思議に思う。

それから中国といえばラーメン! 
ラーメンは5種類以上食べましたが、どれもきしめん風の麺がのびきっててダメ。
ラーメンのスープも美味い!ってほどのはなかったなあ。
五目風、トマトスープ、塩っぽいの、海鮮っぽいのなどなどありました。

そして炒飯。炒飯も4店舗ぐらいで食べましたがどれも塩が効いてなくて
味がしませんでした。本場の炒飯ってこんな感じなんですなあ。

白ご飯も出るんですが、盛り皿にどかっと7人分ぐらい
盛って出てきます。見た目悪い悪い(^^;)

そんな感じで、郷土料理の味は期待はずれでしたね~。
餃子も普通のお店では出ないし…

-----------
郷土料理の他に、広東料理と四川料理も食べました。

広東料理は、日本人ツアー客が「美味しい」と必ず言うという
評判のお店で食べたんですが、確かに美味しかったです。

一緒に行ったツアー客の評判もかなりよく、
みなさん残さず食べていました。

わしも、美味しく頂きましたが、
でもこれ日本で食べられる味なんですな。
わざわざ中国で日本風の広東料理食べても「チガウ」って
思っちゃいましたな。
わしは、日本で食べられない本場の味で美味しいものが
食べたかったんだよ~。

四川料理の方も美味しかったです。
さすが四川料理、やたら辛くて、いまコレ書きながら
辛さを思い出してツバが出てきました。
どの料理にも唐辛子が入っていて辛いのなんの。
西安料理では辛くない麻婆豆腐が、
四川料理になるとやたら辛くて美味しかったです。
そう、辛いけどどれも美味しいのです。
なぜか炒飯は辛くないので、
炒飯と他のオカズを混ぜて食べると最高でした。
ラーメンもあったけど、スープがやっぱり辛かったです。

日本で人気のある、広東料理・四川料理って、
やっぱ日本人の味覚にあうのかなあ?
うまいっすな。

-----------
あらら、やたら長くなったな。
西安での食事のメインイベント「餃子宴」についてはまた別稿で。

続きを読む "西安旅行記その3(食事)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.01.09

【Hi-MD】MD規格がまたパワーアップ

■Hi-MD公式サイト
■発表会レポート
■商品紹介

そんなわけで久しぶりに出勤した純水です。
お土産配っただけで大した仕事しなかったのに帰ったら眠くなって爆睡。
明日はまた休みなので今から徹夜で旅行記書こう。

さて、今日のニュースで一番はやっぱHi-MD規格の発表ですね!
MDLP規格もびっくりしたけど、新年早々やってくれるぜ>SONY
高容量化、長時間化、PC連携強化、高音質化、どれも(・∀・)イイ!
規格のネーミングもHi8(ハイエイト)を彷彿させていい感じです。

【高容量化】けっこう抑えめの容量かなあ?でも1GBのストレージが700円っていうのはいいぞう!
【PC連携強化】自宅の聴かなくなったMDもMOの代わりに使えるのは便利!(読み書きの速度がちょっと心配)
【長時間化】音質と引き替えなので、ATRAC3plus256の音質次第ですなあ。それ以下はわしは使わないと思う。
【高音質化】コレが最高に(・∀・)イイ! CDのリニアPCMそのままってのはイイよ~♪
MDやmp3とかの圧縮音声って長時間聴くとイライラするからね~♪
PCMで90分入るらしいので高音質マイベストとか作るとき重宝するわ~♪

昨今、mp3対応機器が増えている中、どこまでHi-MDが対抗できるか楽しみ。
みんな買って普及させましょう(゚∀゚)
わし? わしは当然買いますヨ(゚∀゚)オカネアッタラネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.01.08

西安旅行記その2(城壁)

西安で一番素敵なのは、わしは城壁だと思うのです。
この旅行で一番楽しみにしていたのが城壁で、2番目が餃子でした。
実際に見たら、もう最高ですよ。

だってね、近代的な都市の周りに城壁があるんですよ。
高さ15mのレンガ造りの城壁ですよ。
低いところの幅が15m、上の方は幅が12mぐらいの台形です。
その台形が、西安の中心街をぐるっと一回り12kmの長さにわたって
取り囲んでいるのです。

この城壁の上では毎年マラソン大会が開かれるそうです。

写真サイトができたらまた見ていただきますが、圧倒的な迫力ですよ。
攻城兵器とかろくに無い時代には、鉄壁の守りだったんだろうなあ。
高さ15mですからね~。凄いよ~。

 城壁のある都市をゲームで例えれば、
 ドラクエのメルキドとか、伝説のオウガバトルのゼノビア城とかが
 思い出されますな。苦労するよね~城壁 崩すの。
 ちなみに、ゼノビア城の城壁はトロイの木馬があれば崩せるんですよ。
 城壁を崩さないと飛行部隊しか中に入れませんので注意してください。
 あと、城壁を崩すと中なら歩行ユニットが…

……話がずれた。

えっと、まあそれぐらい街の周りを取り囲む城壁って存在は素敵だと、
わしはそれが言いたいのですよ。
西安で初めてリアルに城壁ってもんを見たんですが最高!ホント最高。
夜は中国流のライトアップがされて、
城壁のカタチが夜景の中にオレンジ色に浮かび上がるんです。
涙出るほど素晴らしいよ。

んで、城壁は四角く街を囲っているのですが、
四角の「辺」の真ん中には門があります。

全部で東西南北に4つあって、
東門・西門という通称で呼ぶこともありますし、
正式名称もあります。

東門:長樂門 西門:安定門 南門:永寧門 北門:安遠門

てな具合です。

門といってもお城です。城壁に扉があるってだけじゃないですよ。
威風堂々とした関所が建ってるんです。大きくて古くてでかい建物です。
写真をお楽しみに。

ホテルが南門のすぐ外でしたので、旅行中、南門はよく通りました。
城壁上って見物にも行きました。
シルクロードの出発点というわけで西門も見学に行きましたよ。
西門の関所からはシルクロードがしっかり見えます。
埃だらけでしたけど、シルクロードのずーっと先にローマがちゃんと見えました。

(………ウソです)

次回につづく。

続きを読む "西安旅行記その2(城壁)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.01.07

西安旅行記その1(西安)

写真紹介サイトの開設までもうちょいかかりそうなので、
ここにぼちぼち文章で思い出 書きます。


-----------
今回旅行に行った先は
中国の陝西省(せんせいしょう)の省都である西安(せいあん/シーアン)です。
西安はむかしの長安で、幾度も中国の首都となった都市です。
長安って世界史で習うよね。始皇帝の都ね。
ちなみに西安をアルファベットで書くと Xi'an なんですけど、
Xで始まるスペルってかっこいいっすな!シビれますな!

んで、シルクロードの出発点ですし、
過去には遣隋使・遣唐使などが日本から留学した国際都市でした。
街並みは道路が碁盤の目のようなデザインで、
京都や奈良のモデルになってます。

古くから幾度も都が置かれたため、
歴史的な建造物や遺跡だらけです。

いまは、歴史建造物とボロボロの住宅と近代的なビルが共存しており、
その雑多な感じが「イメージ通りの中国だ~」と私に思わせました。
もうね、中国のなかの中国、ザ・中国って感じなのです。

黄砂がひどいのと、建築中&建て直し&造成中の土地が多く、
つねに埃だらけです。空もどんよりしています。
緑のはずの木々が、すべて砂と埃で真っ白になっていました。
桜島が活発なときの鹿児島の鹿児島市と同様らしいです。

ガイドさんが言うには「埃は西安の誇り」なんだそうです。
たしかに、凄い勢いで進化する街の建築物からでる埃ですから、
そう感じるのも当然と思いました。

1年後に行けばそうとう街並みが変わっていると思います。

気温は5度ぐらいでした。最低気温はマイナス2度とかでしたが、
そんなに寒くはなかったです。
寒いよとおどされていたので防寒具をやたら持っていったのに
必要ありませんでした。
初日はシャツ2枚+セーター+ジャケットとか着ていましたが、
だんだん減って、最終日にはTシャツの上にジャケット1枚でOKでした。
(←極端ですな。わしは暑がりなのです)

さて、西安の街並みの外見的な特徴で一番すごいのは城壁です。
この素敵すぎる城壁については別稿で解説します。

続きを読む "西安旅行記その1(西安)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

広辞苑の女

広辞苑の女

今日見つけたサイトの中で一番笑ったのはコレでした。
広辞苑フェチの方、買ったら見せてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族でトランプ

今日は三度目の家族でトランプ。ゲームは「切り札」です。
過去の成績は、
 1日目:父2勝 母1勝 わし0勝
 2日目:父1勝 母2勝 わし0勝
と、6勝負して1回も勝ててない わし。

調子に乗ってる両親から今日もしつこく誘われたので、
「3戦3勝して勝敗を均等にしちゃいますよ?」
とか言いながら強気で臨んだんですが、
結局、父1勝 母1勝 わし0勝で、
両親4勝ずつ、わし0勝となりました…。(2戦しかしなかった)

「接待トランプで両親を喜ばせるなんてイイ子供でしょう?」
と捨てぜりふを吐きました。

本気でやってるのに、なんで勝てないんだ…_| ̄|○

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004.01.06

旅行記難航

いかん、旅行記難航中。
写真選抜したが、まだ280枚ある。そんなにウプできるわけない… _| ̄|○

文章。リンクを的確に貼って書こうとすると、時間かかりまくり。
ほどほどにせにゃ、終わらんぞコレ。

今日は寝て、また明日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローンケータイ

■DoCoMo Net - パケット通信料の請求や無料化に関するチェーンメールについて
DoCoMoが発表したクローンケータイへの見解です。

前の職でケータイ業界にいたので、わしもクローンケータイとか技術的にありえないと思ってるけど、都市伝説的にクローンケータイを信じる人は確実にいるね。
ケータイの都市伝説といえば他にも、「特殊な番号にかけてから相手の番号をダイアルすると通話料無料」とか、「あるキーをいくつか同時に押しながら電源入れると通話料無料モードになる」とかありますな。
前者については嘘、後者については特殊なモードになるけど販売店が番号登録するときのモードってだけです。
話の内容に夢があるんですね。通話料無料ってのがね。

みんなはダマされないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛犬Cが危ない

旅行から帰ってから、我が家で飼っている愛犬C(メス、満15歳)がヤバイです。
旅行に連れて行かなかったので拗ねたらしく、エサを食べません。
食に関するストライキです。
エサを食べないので、体が弱って立てなくなり、立てないから寝てばかりで床ずれができ、ばい菌が入って傷が化膿し、痛いので夜泣きし、寝返りがうてないから夜泣きし、トイレに立ちたいから手伝えと言って夜泣きし、腹が減ったと夜泣きし、飯をやってもストライキで食べず、大変です(´・_・`)
夜中うるさくて家族みんな眠れません。

今日は病院へ連れて行きましたが、ここまで年とってからの夜泣きは、ボケの症状でもあるそうです。
老化で、耳が聞こえず目も見えず、冬で寒いのでボケも進行するのだそうです。

夜泣きの対策が無く、しょうがないので今晩は納屋の中に犬小屋を移し、遮音しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.01.04

2003年のジャンボ

あたしゃ、ジャンボ宝くじを毎回連番で3枚だけ買うんです。
1等と前後賞のつもりで。
10枚買えば必ず末等の300円には当たるんですけど、それすら狙わず3枚。
ケチと言われますが、まあ3枚だと900円だから、買いやすいんですな。
夢の代金としては適当だと思ってます。
当たる人はそれで当たるわけで。
(そんな枚数 買わなきゃいいのに!って言う人がいるけど、
 宝くじって買わないと確率0%ですよ?
 「買わない」と「3枚買う」の差はモノスゴイですよ?)


去年もたくさんのジャンボが発売されましたが、
ぜんぜん当選確認してなかったんですね。
知人から、「イイ夢見た日に当選確認すると当たってることが多いよ」と聞いたので、
イイ夢見るのを待ってたのです。

で、今日ちょっとイイ夢見たので、
「新年だしお年玉的に当たらないかなー」とか思って、
当選確認してなかった五回分のジャンボをひっぱり出して見てみました。

1回3枚買ってますので15枚です。

結果は。

 3000円×1本! 300円×1本!でしたヽ(´▽`)ノ ワーイ

3000円に当たるのは下2桁が当選番号にあってればいいので、
確率100分の1。3枚買ってたら3%です。

わしは3枚買って3000円当たったの、これで2回目です。
けっこう凄くない?(´▽`)ノ

ちなみに宝くじの当選案内はこちら

| | コメント (1) | トラックバック (0)

膨大な量の写真

旅行中にデジカメで撮った写真を整理してます。
500枚ぐらい撮ったかなと思ってんだけど、整理の結果なんと820枚ありました∑(゚Д゚;)
今いっきに観たけど正直うんざり⊂⌒~⊃。Д。)⊃

旅行記として資料価値のある写真にはコメント付けてウプするつもりだけど、
選抜とコメント作成でいったい何時間かかるんだ!?

ネタにしようと思って、旅行中にメモした記録が手帳で30ページあって、
こっちのテキスト化もかなり面倒そうだ。

でも俺はやるぜ俺はやるぜ俺はやるぜ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年12月28日 - 2004年1月3日 | トップページ | 2004年1月11日 - 2004年1月17日 »