« 2004年5月16日 - 2004年5月22日 | トップページ | 2004年5月30日 - 2004年6月5日 »

2004.05.28

アルバムの入手まで

そんなわけで仕事が終わったら速攻でD-LOOPのアルバムを買いに走りました。
cover
本日の予定は、仕事終了→アルバム入手→歯医者→アルバム聴きまくり→自宅で着替え等準備→大事な友達の誕生会、であり忙しいのです。

まずは職場からもっとも近いCD屋Aへ直行。
しばらく探しましたが見つからず、店員に訊くも「未入荷です」との事。
ガッデム!

予約していた歯医者の時間が迫ったのでいったん歯医者へ。
いつもならすぐ終わるのに妙に患者さんが多くてやたら時間がかかりました。
焦っている時ほどうまくいきませんな。

なんとか終わったので、CD屋Bへ。
しばらく探しましたが見つからず、店員に訊くも「未入荷です」との事。
ムキー!!
この田舎ショップどもめ!

このたったの2軒でわしが住む市のCD屋は全て終わり。

諦める気など毛頭無いわしは隣のM市のCD屋Cへ電話。
店員に訊くも「未入荷です」との事。

じゃあとばかりにM市のCD屋Dへ電話。
店員に訊くも「未入荷です」との事。

ククク、これでM市も全滅か。M市もCD屋が2軒しかありません。

どうしよう、隣の隣のS市のCD屋に問い合わせるか?
S市ならCD屋が5軒以上あるからきっと売ってるはず…。
しかし、もう時間は無い。
次の予定「誕生会」は19:00スタート。
今がすでに17:30。あと1時間半しかない。
S市までは山道で45㎞あるから、往復だけでギリギリだ。
CD屋周辺は、この時間クルマが混むし、レジで手間取ったりすると、絶対19:00に間に合わない。
着替えずにスーツで誕生会へ行ったとしても遅れる…。
うう、遅れると非常にマズイんだがどうしよう。
ああ、どうしよう。
でも今入手しておけば明日ドライブする時に絶対楽しいのだが…。
どうしよう、どうしよう。

…と、ちょっと悩みましたが、今日欲しいという誘惑には勝てず、S市のCD屋Eに電話。
若い兄ちゃん風な声の店員に訊くも「はぁ?びーるーぷですかぁ?」と素っ頓狂な返事。
D-LOOPだよ! デーだ! デー!
しっかりしろよ!
こっちは急いでるんだよ!
発売日までちゃんと言ってるんだからPOSレジで確認しろよ!
ムキー!

結局、時間がかかったのに「ありません」との返事。
焦っている時に気の抜けた対応をされるとホントにイライラします。

で、気を取り直してCD屋Fに電話。
今度は愛想のいいお姉さん登場。

店員「ハイ。CD屋Fです(⌒▽⌒)」
わし「5/12発売のD-LOOPのアルバムありますか?」
店員「ああ、D-LOOPですね。在庫確認してきますのでしばらくお待ち下さい(⌒▽⌒)」
わし「(これだよ。こういう対応をしようよ。)」
店員「……お待たせいたしました。1枚ありますよ(⌒▽⌒)」
わし「(キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!! ) すぐ行きますのでとっといてください!」

そんなわけで6軒目にしてようやく在庫を発見しました。
さっそく友達には「緊急の用事が出来たので19:30合流になります」と同報メールし、S市に向かってダッシュしました。
スピード違反で捕まらない程度に、山道をかっ飛ばし遠く離れたS市まで。

帰り道にはアルバムが聴けるかと思うと、笑みがこぼれまくり。
ニヤニヤしながら車を走らせました。

そうして事故を起こす事もなくCD屋Fに到着。
震える手でアルバムを受け取ったのでした。
もちろん帰り道では大音量で聴きまくりました。

アルバムの感想はまた別項にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.27

D-LOOPの思い出

こないだ食事した店やカラオケの店の有線放送でやたら「Love me tender」がかかっていました。
プレスリーの「Love me tender」ではありません。
数年前に解散したD-LOOPというバンドのヒット曲です。

わしはD-LOOPが大好きなんですぐ気付きました。
「しかし、数年前に解散したバンドの曲が有線でかかりまくるってどういう状況だ? 昨今のカバーブームも終わりかと思ってたが、いまごろ誰かカバーしたのか? よりにもよってわしの大事な想い出のバンドを汚すような真似をしおって!」とか思いました。
「Love me tender」に限らずD-LOOPの曲を有線で聴くと、哀しい解散を思い出し、せつなくなるのです。


このD-LOOPというバンドは、小室っちが華原朋美やtrfやglobeで大儲けしている頃のバンドです。
「高音が特徴的な女性ボーカル」+「小室っちを意識しまくった髪型&動き&作曲の男キーボード」+「男ギター」の3人編成で、見た感じやCDのジャケットはglobe風、ボーカルの歌声は華原朋美風という、なんだか真似しぃな感じ。

わしがD-LOOPを知ったのは、やはり有線で。
やたらサビのフレーズが耳につく「Love me tender」でした。

最初は華原朋美の新曲かと思ったんですけど、調べたら違っていて、レンタルで借りて聴いているうちにハマりました。
特にカップリング曲「Sign of Destiny」がもろにわし好みのメロディで、なおかつボーカルの声とひたむきな歌い方がもの凄くわしの心に響いたのです。
カップリングにこんな名曲を持ってくるなんて凄い!
このバンドはやるかもしれん!って感じ。
最初は華原朋美っぽく聞こえていたボーカルも、もっとわしの好みに近い事がわかりました。
ボーカルはMINAMIという女性です。

そしてこのシングルがデビュー2枚目と知り、さっそくデビューシングルの「Just place of Love」も入手、そうこうしているうちに3枚目「GLORY DAYS」が発売され それも入手、いつの間にかレンタルではあきたらず、3枚ともCDで揃えていました。
3枚で6曲、どれもハズレの曲がなく、「こりゃあ小室っちよりすごい。アルバム絶対買おう!ずっとこのバンドを追いかけよう」と心に決めました。

で、新曲をクビを長くして待ったのですがいっこうに発売されません。
テレビに出演するわけでもなく、焦らされるばかり。
6曲をMDにダビングして、延々ループにして聴く毎日でした。

そのうち数年が過ぎ、ネットの書き込みで、3枚シングル出した後に解散していた事を知りました。
本当か嘘かわかりませんが、プロデューサーだか誰だかにMINAMIがセクハラを受け、それを嫌ってMINAMIが脱退し解散したんだとか
Σ(@ ̄□ ̄@;)!!

もう、打ちのめされましたな、わしは。

だって、セクハラなんて強烈な理由で解散したのならもう二度と復活はあり得ないでしょう。
アルバムも出さずに、たった3枚のシングルを発表しただけで解散してしまうなんて!
もっとあんな素敵メロディをMINAMIの声で聴きたかった…(つД`)
もったいない。あんなイイ声は他にいないのに…。

そんな感じでD-LOOPの復活はあり得ないのがわかったので、じゃあ6曲を大切に聴き続けようと決めました。

さらに数年が経ち、作曲のキーボード男を追いかける事を考えつきました。
小室っちの様に、作曲を続けていれば少なくともD-LOOP節のメロディを別アーティストに提供してるはず。
それを聴けばいいんだ!

で、作曲のキーボード男こと葉山拓亮を調べたところ w-inds.に曲を提供している事を知りました。
なるほど、確かにw-inds.の曲はD-LOOP同様の葉山の曲調だ!とちょっと喜んだんですが、やはりMINAMIのボーカルには及ぶべくもなく、ハマるにはいたりませんでした。
わしはD-LOOPとして、葉山の曲を唄うMINAMIの声が聴きたいんだよ!
もういい!葉山が他の誰に曲を提供していようが、MINAMIのかわりにはならない!
……また6曲入りのMD聴こう(つД`)


そうやって6曲を聴きまくるんですけど、6曲の中で一番好きなのが、やはり「Sign of Destiny」です。
この曲は、葉山作曲のメロディとMINAMIのボーカルとそして切ない編曲がもう素ン晴らしく、何度聴いても鳥肌物です。
ここまでわしの琴線に触れる曲はないってぐらい。

あくまでもカップリング曲のためカラオケに入ってないが残念で、よく悔しがってました。

それが数年前のJOYSOUNDのリクエストキャンペーンで、ひょっこり採用されてカラオケに入った時は狂喜乱舞しましたな~。
カラオケに入った事も嬉しかったけど、それよりも解散から数年経ったマイナーバンドのカップリング曲がカラオケに採用された事、つまりD-LOOPのことをわかっているファンが全国にたくさんいてわざわざリクエストしたんだ、というその事実が嬉しかったです。
わしの身の回りにはD-LOOPのことを知ってる人がいなかったですし。

そうして「Sign of Destiny」がカラオケに入った当時は、毎回自分で歌っていました。
でも、しょせんわしが唄っても男声。高音の出る女性にこれを唄って欲しいですな。

もし、わしが初対面の女性とカラオケに行って、そこでその女性が何も打ち合わせたわけでもないのに「あたしこの歌好きなんだ~」とか言っていきなり「Sine of Destiny」を唄ったなら、きっとその場でその人に求婚しますな。

まあ、それぐらいこの曲は好きです。
ちなみに今はCyberDAMにも入ってますヨ。


と、このようにわしの中でD-LOOPは大切なバンドなんです。
おわかりいただけたかと思います。


でもって、今日になってこないだ有線でかかりまくっていた事を思い出したので、はて誰がカバーしてるんだろうと、ネットで検索をかけてみました。


 そ

 し

 た

 ら

 !!


Σ(@ ̄□ ̄@;)!!


復活しとるやんけ!!!!!!!

絶対に絶対に復活はあり得ないと思っていたのに、今年に入って復活しとる!
復活キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!
6年ぶりに復活だって!!!!
そうかあれから6年経っていたのか!

1月にはニューシングルを出してるし、5/12にはアルバムを出しとる!!!!!
アルバム!!!! キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!
待望のアルバムが!!!! 6年の歳月を経て発売!!!!!
新曲がいっぱい!!!!!

cover

ぎゃ~~~~!!!!!

すぐ買わなきゃ!今買わなきゃ!

ああん、今は夜中だから買いに行けない!

じゃあ注文だ!注文!
ネット通販だ!アマゾンアマゾンアマゾン !!!

イヤ待て、落ち着け、アマゾンで注文しても3日ぐらいかかってしまう!

明日!仕事が終わったら!速攻で!CDショップをはしご!
歯医者と呑み会があるけど、なんとかなるだろ!
プールはサボれ!

うわ~~~、明日が楽しみだ!
興奮して眠れないよ!

生きてて良かったよ!
絶対あり得ないと思ってた物が発売されてるよ!
∩(´∀`∩)ワショーイ∩(´∀`)∩ワショーイ(∩´∀`)∩ワショーイ

そうか~アルバムが発売されたからプロモーションで有線でかかりまくってるのかあ~。
納得だ~~~。


あ、そーだ、サイトだ!
プロモーションしてるなら、サイトがあるはず。公式サイト公式サイト!

あっったあああああああ!
公式サイトがちゃんと出来てるううううううう!!!

あ、MINAMIの脱退理由が体調不良になってる…。
まあ、セクハラとは書けまい。
(* ̄m ̄)プッ

よかよか。


Σ(@ ̄□ ̄@;)!!
この公式サイト、アルバムの視聴が出来る~~~~~!!!!!
うわああああ祭りじゃあああ
聴け聴け聴け!

おおお、音質は悪いし、編曲がヘンみたいだけど、許す!葉山節+MINAMIの声だ~~~~~~!
∩(´∀`∩)ワショーイ∩(´∀`)∩ワショーイ(∩´∀`)∩ワショーイ

ああああ最高だ生きてて良かった。

明日だ!
明日、わしは、絶対に、アルバムを買う!
絶対だ!


だから、今日はもう寝る!
頑張って寝る!

明日に備えてわしは寝る!

じゃ!


おやすみ!(゚∀゚)

--------
ちなみに、この項を書いているのは6/2なので、すでにアルバムは購入済みで聴きまくりです。
葉山のメロディ+MINAMIのボーカルはやはり最高です。
アルバムのレビューはまた書きます。

| | コメント (32) | トラックバック (2)

2004.05.26

妄想代理人

■公式サイト

shakawaさんのサイト「foujaponais」紹介されていた「妄想代理人」というアニメをようやく全話(13話)観ました。
cover
内容は、金属バットを持った通り魔「少年バット」に襲われる人々を毎回描いていくオムニバス作品です。

そういうちょっと変わったストーリーのアニメが作られるというのはYahoo!のニュースか何かで知っていたのですが、別に興味はありませんでした。
ところが、音楽が平沢進でなおかつオープニングの趣向が面白いと「foujaponais」で紹介されていたので、俄然興味を持った次第。
なんとかツテを頼って全話観ました。


感想。
全話通して面白かったです!
質の高い大人向けのアニメが楽しめます。

オープニングは確かに興味深い。
絵が、非日常的な背景(ビルの屋上とか、災害で倒壊した家の前とか、キノコ雲の前とか、戦時下とか、スカイダイビング中とか、海中とか)で、登場人物達が普段着で直立不動で、でも顔だけ笑いながら(目は笑っていないのがポイント)立っているというもので、そこに平沢さんのいつもの意味不明な素敵音楽がかかるというもので、最高です。
一筋縄ではいかない作品を上手く表現できていてグッド。

作画も、さすがマッドハウス、作品を通して破綻のない画で安心して視聴出来ました。
巷にあふれる低予算アニメとはひと味違ういい仕事をしてますね~。

前半のストーリーは、前述のように被害者の一人を毎回主人公にして進むオムニバス形式で進みます。
被害者同士に微妙に人間関係があってそこが解き明かされていくなど、ミステリー的な要素もあって面白いです。
後半は趣がだんだんサイコ系SFに傾いていきますが、ある程度こういう作品に慣れている人なら最終回まで楽しめるでしょう。
わしはオチも納得出来ました。

劇判は、全曲 平沢さん。
劇判として作曲された曲は、曲自体はあまり主張のない、表に出てこない印象でした。
もちろん劇判として使われる曲はこの作品の為に書き下ろされた曲が主なんですが、わしが気付いた範囲で2曲だけ過去のアルバムから使われていました。
どの曲が使われているかは、秘密です。(←イジワル)
平沢ファンは観てください(゚∀゚)ノ

あ、主題歌がキャッチーな曲で気に入ったので、サントラを買いました。
cover
サントラのレビューは別項で(^^)/


-----------
ところで、この作品の監督・今敏(こんさとし)さんって意識した事なかったのですが、「千年女優」の監督さんだったと知って驚きました。
cover

千年女優も平沢さんが音楽を担当していましたので、わしサントラを持っているのです。
映画は未見なんですけど(^^;)ベ
cover


また、AVWatchの「帰ってきた週刊買っとけ!DVD」のこないだのレビューで「東京ゴッドファーザーズ」も今監督の作品だと知って驚きました。
cover

MEMORIES(彼女の想い出)」も面白く観た記憶があるし、作風が確かに似てるし、なるほどって感じです。
「千年女優」も「東京ゴッドファーザーズ」も第76回アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされてたんだそうで、なんじゃ世界に認められている実力派の監督だったんですな!
ちっとも知りませんでした。
名前を覚えたので、これから作品を追いかけてみようと思ってます。

-----------
最後に、話が逸れまくりますが「東京ゴッドファーザーズ」のDVDの特典映像では今監督と鴻上さんが対談しているそうで、激しく物欲をかき立てられます。
鴻上さんいろんな人と対談してるなあ。
ああ、見てみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.05.25

虫歯治療1回目

そんなわけで虫歯の治療で、歯列矯正の歯医者さんへ。

前回詰めていただいた痛み止めセメントの調子を看ます。

先生「どうですか?まだ痛みますか?」
わし「たまに痛みます」
先生「ああ、剥げてきてますね。剥げますので左ではなるべく噛まないようにしてください。剥げたからそこから染みたのでしょう」

そんな会話があって、一度全部剥がして、再度痛み止めセメントを注入していただきました。
これで金曜日まで様子を見る事になりました。

処置時間10分ってとこでした。

ところで、剥がす時にいわゆる歯医者のあの「キュイーーーーン!!」っていう不快なドリルを使われたのですけど、ちょっと痛かったです。
やはり虫歯というか神経に麻酔無しでドリルを当てると痛いっす。
ああいうの気持ちよくないのでやだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.24

安全なクルマの色

■5/19 乗るなら銀色の自動車?――定説の「白が最も安全」をくつがえす調査結果が発表される!

クルマの色は、黄色が安全という説が。
でも、ふつう黄色いクルマなんか買わないっしょ。
(* ̄m ̄)プッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.23

高速道路にて

こないだ味ぽんから京ぽんに機変した際に味ぽんの電番を抜いていなかったので、それを抜きに行く事に。
ロムライターを持っているお店に行けばいいわけで、じゃあ隣県のK市まで行くか、とクルマを出しました。

高速道路を走りたくなったので、HインターからKインターまで高速で。
晴れた日にドライブするのは気持ちいいですなあ。
これで横に(中略)、それは言わないお約束。

2時頃K市に到着し、高速降りたらすぐに電器屋があったので、そこで電番を抜いてもらいました。
これで本当に機変完了です。

久しぶりにK市に来たんですが、ここで遊ぶと帰りのドライブが夕方になって、気持ちよさ半減なのですぐ帰る事にしました。

またKインターから、今度は自宅を通り過ぎ、Eインターまで。

100㎞/h強ぐらいで高速を走っていると、後ろから白いスポーツカーが凄い勢いで近づいてきました。
なんかかっこいいクルマ!と思っていたら、なんとランボルギーニ・カウンタックでした。
スポーツカーじゃないやん!スーパーカーやん!かっこいい~~~!(゚∀゚)
さすがスーパーカー、もの凄い勢いでわしのキイロイノを抜いていきました。

しかしそれだけで終わらず、その後ろを走っていたのは、赤いポルシェ!
わしがポルシェを型番で説明出来ないのが残念ですがポルシェでした。

んでその後ろを走っていったのが、赤いNSX!
なんだなんだ、スポーツカーでツーリングかあ!
じゃあ次は何だ?

期待して見ていたら、NSXの後ろを走ってたのが、ベンツ。型不明。
ベンツはスポーツカーじゃないよなあとか思ってたら、ベンツの後ろがフェラーリでした。型不明。
おお、やっぱフェラーリもいるんだあとか感心しました。

この5台がわしを抜いていったんですが、しばらく走ったらパーキングにみんな入っていきました。
パーキングの入り口に案内役と思われる、別のフェラーリがハザード出して停まってました。
このフェラーリは横にスリットのあるタイプでした。テスタロッサだったか不明。

きっと、このパーキングに入ればもっといっぱいスーパーカー&スポーツカー&高級車が見られたんだろうなあ。

田舎に住んでいると、カウンタックは滅多に見ないので、なんかときめきました。
やっぱカウンタックはかっこいいなあ。

続きを読む "高速道路にて"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

連日のカラオケ

そんなわけで朝方自宅に帰りつき、これといった活動もしないまま昼間は寝て過ごしました。
昨日のカラオケでは一番唄いたかった曲が入っていなかったので、まだすっきりしていないのです。
寝ながら悶々とするわし。

夕食は、妹が勤める会社の人たちの会食に参加。
若い連中と食事をしました。
以前、京ぽんのことを話した青年に、実機を見せて改めてプレゼンテーション。
いかに京ぽんが素晴らしいかを語りました。
ケータイを人に勧めていると、店長時代を思い出すなあ。
買う気になってる青年が愉快。

そんなことをしていると、前の職場の同僚HRT君からメール。
転勤先から実家にちょっと帰ってくるのでカラオケ行きましょうとの事。
おお、昨日の唄い残しを唄おう!と了解の返事。

HRT君がくるまで時間があったのですが、妹たちもカラオケへ行くというのでついていきました。
8時半に入店し、4時間コースを選びます。5人。HyperjoyV2。

一人は全く唄わないので、唄うのは実質4人。
わしは部外者なので抑え気味に。
残りの3人が唄うのを見てました。
この人達のカラオケは普通すぎるのが残念。

10時半にようやくHRT君が合流。
HRT君のシャウトに、ビビる妹の会社の連中。
そうだ!これだよ!これがやる気のあるカラオケなんだよ!
どうせ唄うなら好きな歌をハジけて唄え!
わしもだんだんノッてきました。

そのうち、妹の会社の連中はぼちぼち退散しはじめ、11時半にHRT君と二人になりました。
ここでようやくエンジン全開、ガンガン唄います。
お互いに相手の歌を聴いていないので、気楽に唄えるのがHRT君とのカラオケのいいところ。
唄いたかったECHOESもしっかり唄いました。
ストレスがたまった時にはECHOESに限るわ。
かなりスッキリしました。

結局、延長して2時半まで唄いました。
お互い疲れたので少し早めに解散です。

HRT君とは2ヶ月ぶりにあったのに、今の職場の話をちょっとしただけで、あとは歌だけ唄って解散というところが素敵な関係だなあと思います。
また行きたいですな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年5月16日 - 2004年5月22日 | トップページ | 2004年5月30日 - 2004年6月5日 »