« 2004年5月23日 - 2004年5月29日 | トップページ | 2004年6月6日 - 2004年6月12日 »

2004.06.05

キューティーハニー

■公式サイト

そんなわけでデイ・アフター・トゥモローに引き続き、目的のキューティハニーを観ました。
もともと全く興味がなかったんですけど、ハニメーションという手法の事を知ったので、その効果が観たくて観る事にしたのです。

ハニメーションというのは、アニメの一コマ一コマを写真で撮影して、あり得ない動きを作り出す、アニメ+実写みたいな手法らしいです。
アップルシードで使われた3Dライブアニメの対極にあるような手法で愉快です。
ヤン・シュワンクマイエルの作品の激しいヤツかもしれぬとか思って、期待したわけですな。


で、感想。
後半がつまらなかったので評価悪し。
前半はテンポ良くて面白かったんだけどなあ。
後半になって、なんで愛とかうだうだ言い出すかなあ…。
ずっと前半の馬鹿馬鹿しいノリでいけば良かったのに。
惜しい。
非常に惜しい。

そして、目的のハニメーションは、評価できるほど使われてなかったので残念。
でも、ああいうのって使いすぎるとクドくなるからあの程度でよいのかも。
前半の馬鹿馬鹿しいノリにはあっていたと思います。


あと箇条書き。
・主題歌までの展開が良い。
・そして倖田來未の唄う主題歌がよい。なんかいい感じの編曲と歌い方で、バックに流れるアニメも良いっす。
・主役の佐藤江梨子はお馬鹿に撮れていてかわいいです。ファンは喜ぶのかも。ずっと馬鹿な演技のままだったらもっと良かったのに、変身すると性格が変わってしまうのが何とも…。
・秋夏子役の市川実日子って初めて見たけどいい感じの娘でした。役柄の勝利だな。
・ミッチー(及川光博)は、ずっと顔塗っていたので魅力半減。唄って登場するシーンだけ良かった。
・ときどき挿入されるアニメパートの出来が良かったように思う。ああいうアニメが出来るなら実写でやる必要ないんじゃ…?
・ゲストでいろいろ出てるらしいけど全然わからなかったです。原作の豪ちゃん(永井豪)はどこに出てたんだろう。
・というのも上映中に目にゴミが入って、暗闇の中でコンタクトと格闘していたのですよ。かなり画面を見逃しました…(´・ω・`)


そんな感じで、とにかく楽しめるのは前半だけ、後半はひたすらダルかったです。
ああいうテーマを持ってきてダルい展開にするなら最初から伏線張って丁寧に展開しないとダメでしょと思いました。庵野監督もあいかわらずだなあ。


あ、最後に。
わしは、アニメもマンガもキュティーハニーを観た事はないです。
知識として「どんな話でどんな主題歌か」知ってるだけ。
思い入れとか全く無い状態で観た事を付け加えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デイ・アフター・トゥモロー

■公式サイト

お金をかけたB級映画なんだろーなーとか思って期待していなかったんですけど、劇場に行ったらちょうど始まるところだったので、時間つぶしに観ました。


感想。

普通のパニック映画でした。
感動も大してしなかったし、ハラハラドキドキ感もあんまり無かった感じ。
期待していなかった分、期待はずれ感もなかったです。

ただし、初めてこういうパニック映画を観る人や、こういうCGを初めて観る人は感動するかも。
父を信頼する息子と、息子の信頼に応えようとする親父の物語として。
あとニューヨーク水浸し&氷漬けとか。

でも、何度もこういうストーリーやCGを観ていると、改めて感動するってのは無いですな~。
人間って何にでも慣れちゃうからやだね~。


あとは、あまりにもアメリカ中心って感じが強すぎてイヤでした。
世界規模の災害なのにアメリカ以外の描写がほとんど無いしね。

もうね、世界の中心がアメリカって感じな映画はやめて欲しいっす。
ローランド・エメリッヒ監督って、そもそもそういうイデオロギーがあるんかしら。


そういう事が気にならない人は楽しめる映画かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.01

ファミレス人間模様

■ファミレス人間模様:仕事中@ファミレス ~涙が止まらない~

読んでてちょっと泣いた。
子供大切に出来ないなら産むなよう(つД`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.05.30

TROY

■公式サイト
そんなわけで、TROYを観てきました。
あんまり期待してなかったんですけど、押さえておくべき大作かなって感じで、なかば義務的に観ました。


感想。

普通の大作映画でした。
攻城戦が、ロード・オブ・ザ・リングとはまた違った面白さがあって良かったです。
攻城戦が最近流行してるんかしら?


箇条書きでもうちょっと詳しく。

・ブラッド・ピットの裸が凄い。よく鍛えたなあって感心しました。素直にかっこいいです。
・ブラッド・ピット演じるアキレスの必殺技がかっこいいっす。一緒に観た友人A(♀)が「あたしあの技を会得するわ!」って言ってました。無理だっつーの!ていうか誰に使うねん!
・エリック・バナ演じるヘクトル王子がすごくかっこいいです。漢って感じ。
・オーランド・ブルーム演じるパリス王子がへなちょこで、生き恥さらすのが身につまされました。
・最後の方でロード・オブ・ザ・リングを意識したと思われるオーランド・ブルームのサービスカットがあってニヤリとしました。
・ヘレン姫役のダイアン・クルーガーが美人に撮れてました。
・アキレスがどうしてあの娘に惚れたのか、全然わからなかった。


以上。

友達の女性3人と観にいったんですけど、友人Bがクライマックスでボロボロ泣いてた事に心底驚きました。
わしは、感動シーンがあった事にすら気付かなかったのです。
「盛り上がりもせずなんだか普通に終わるなあ」って思ってたら、横でボロボロと泣いてるんだもんなあ。
わしが泣いたCASSHERNでは、Bはまったく泣いてなかったのに…。
映画の好みってそうとう人によって違いますな。
その事を改めて実感した瞬間でした。

ちなみにあとの2人の感想は、
A「クライマックスで感動した!」
C「そもそも戦争が起こる前に姫をかえせばいいんじゃないの?」
というものでした。

泣いてはないけどAも感動したと言ってるし、ん~、映画そのものより、この映画で泣いたり感動したりする人がいることに衝撃を受けました。
クライマックスには、まったく心を動かされなかったわしの感性っていったい…(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月23日 - 2004年5月29日 | トップページ | 2004年6月6日 - 2004年6月12日 »