« 2004年2月15日 - 2004年2月21日 | トップページ | 2004年2月29日 - 2004年3月6日 »

2004.02.28

怪我を押しても呑み会

2月にはいってからというもの、毎週金曜日は呑み会になってますな。
わしは仕事休みだったのに、職場の呑み会に誘ってもらえるのはありがたいことです。

そんなわけで、夜9時に呼び出され参加してきました。
場所はオサレな居酒屋S。この職場で働くようになっていろいろなお店が体験出来て楽しい楽しい。

0時過ぎてから、一人帰ったのですが、残りのメンバでめずらしくカラオケに行こうという話になり、居酒屋Sから近いカラオケ店へGO。
ただし残念ながら2時で閉店するカラオケ店で、いい具合に酔っぱらっていた3人にはモノ足りず、2時から別のカラオケ店へ移動。
結局、4時半まで歌ってしまいました。
メンバが珍しかったので楽しかったです。
普段行かないメンバでカラオケに行くと珍しい曲が聴けて楽しいですね。

ただ、なんか酔いが回りすぎていて自分が何を歌ったのかほとんど覚えてないです。
マイク握って情感を込めて歌ってるんだけど、脳は寝てました。
寝ながら歌えるなあ。<わし

先にいた二人は、夜7時から呑んでいたわけで、相当きつかったろうと思います。

今度は3月1日に職場で大きなイベントがあるので、たぶんまた呑み会があるでしょう。
その日もわしは仕事休みですが、きっと呼び出される予感…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

九州にナスカの地上絵

■読売新聞 駐車場にナスカの地上絵

北九州市のスペースワールドの駐車場に、ナスカの地上絵のハチドリ等が描かれたそうな。
観覧車に乗ると観ることが出来るそうで、ペルーまで行かなくてもナスカの地上絵が観られるのは(゚∀゚)イイ!
消される前に一度は行ってみたいなあ。

あ、九州の模造遺跡といえば、宮崎にはモアイがあるよね。

遺跡大好きなわしは燃えます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カップ麺容器の脆弱性

■しそ油でとけるカップ麺容器

お湯が漏洩する脆弱性だそうです(^∀^)
コメントの「パッチはリリースされるのでしょうか?」から始まる言葉遊びが素敵。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

抜糸しました

そんなわけで抜糸してきました。

知人に「抜糸めちゃめちゃ痛いよ~」って言う人と、「抜糸なんか痛くも痒くもないよ」と言う人がいて、けっこうドキドキしていたのですが、わしの場合は痛くなかったです。ちょっとチクチクするぐらいのもんで。

最後の絆創膏を貼ってもらいました。
これを日曜日にはがして、傷口がふさがっていればもう病院へ来なくていいそうです。
というわけで次の通院予約は無し。

次の出勤日までには髭も剃って、「酔って転んで大怪我して縫ったこと」など無かったことにできそうです(^∀^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.26

広島に原爆を落とす日/つかこうへい

#TLっちから薦められていた「広島に原爆を落とす日」をやっと読みました。

読み始めたらあっという間で、面白かったです。
つかこうへいってキャッチーな話書くんだなあ。

内容は、太平洋戦争開戦~原爆投下までを舞台にした荒唐無稽なラブストーリーです。
たくさんの魅力的な登場人物が織りなす派手な人間模様が良いです。
風景描写が少なく、セリフが多く、芝居の脚本的で読みやすいので、本をあまり読まない人にもお勧め。
わしは、重宗がでてきたところからハマりました。重宗の豪快なところがすごく良い。
主人公の恨一郎はいいやつだし、ヒロインの百合子は美しいし、キャラクターが生き生きしてます。
みんな秘密を抱えていて、騙されているはずが騙していたり、イイ奴かと思えば悪い奴だったり、二転三転するのが演劇っぽいです。

ネットで検索して調べたら、演劇の「広島に原爆を落とす日」とは微妙に違う内容みたいですね。
なんか詳しいことはわからなかったけど、また舞台であるのなら観に行きたいなあ。

直近では、稲垣吾郎主演で舞台化されたみたいですね。
わしは吾郎好きなので、早くこの作品を知っていれば絶対観に行ったろうなあ。

演劇と小説の関係が知りたいなあ。
どっかのサイトにまとめてないかな。

---------
行間が読めないわしの独り言。
(恨一郎の母の想い人は結局誰だったのかしら。よくわからなかったぞ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.25

誕生日(⌒▽⌒)

そんなわけで誕生日だった純水です。
もはやシャワーの水もはじきません。

昼間にはシーフャが近所に仕事に来たので、ファミレスでお話ししました。
ケーキ奢ってもらって良かった良かった(⌒▽⌒)

夜は、友達から居酒屋Tで誕生会をしていただきました(⌒▽⌒)
やれ嬉しや。
アゴに怪我なぞしていなければカラオケにお誘いするところですが、我慢。
あ、呑んだけど今日はこけずにすみましたよ(^^;)  そうそう何度もこけてたまるか!

メールやチャットや掲示板でもお祝いをたくさん頂いてみなさまどうもありがとうございました♪
また1年間よろしくおつき合いのほど、お願い申しあげます。

------------
なんか忘れてると思えば、写真撮るの忘れてた!
18歳からずーっと、誕生日にはビデオか写真か撮っていたのに~。
ここ2~3年さぼり気味。
まあ、それでも今年は日記書いてるしいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイア姫のアレが現実に!

■日立:360度立体映像ディスプレイ技術を開発

ITmediaニュースPCwatchにも取り上げられてます。
未来がやってきた感じがしますねえ。

技術的に難しいことはやってない感じなので、あっという間に普及しそうな予感。
これぞ21世紀の技術って感じですな。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.24

怪我をすると風呂が大変

そんなわけで風呂にはいるのが一大事な純水です。

わしは一日一回風呂に入らないと気持ちが悪いタチなのに、怪我のせいで気楽に入れないのが困りもの。
なんでも、ガーゼが濡れてそのままにしておくと雑菌が繁殖するのでよくないんだそうです。

そこで朝 病院へ行く前に朝風呂に入り、病院でガーゼ交換をしてもらう、という手筈になっています。

問題は患部がアゴなので、髪が洗いにくいという点。
なるべくアゴのガーゼを濡らさないようにするため、シャワーを駆使し、美容室スタイルで洗っています。
まるで Gackt のような髪の洗い方です。(Gackt は体を仰け反らし、背筋を鍛えながら髪を洗うらしいです)

それから、下手に洗顔できないのが難点。
蒸しタオルで顔を拭くぐらいしかできません。これもツライです。
顔なんか、じゃばじゃば洗いたいのに~。

矯正中なので気をつけるべき歯磨きも大変。
ガーゼを濡らさないように、でも歯を一本一本しっかり磨くのは大変な手間です。
あごが痛くて口がうまく開かないし…。

こういう生活をしていると、歳をとって自分が寝たきり老人になったらつらかろうなあ、と考えます。
風呂に自分で入れず、汚れたところやかゆいところを徹底的に洗えない…。
2日に1回や3日に1回、他人に洗ってもらうだけ…。
そんなのは嫌だなあ。やっぱ健康なままで歳を重ねていきたいなあ。

---------
アゴの痛みは「間接打撲傷」だそうで、ほっとけばそのうち治るそうです。
骨や関節に異常はない模様(^∀^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

×:のび太くん ○:のび太

そんなわけで、新聞のテレビ欄で「ちびまる子」と省略して書いてあると立腹する純水です。
違うだろ!「ちびまる子ちゃん」を略すなら「まるちゃん」って略してくれよ!
呼び捨てじゃあ、原作に溢れる「愛」が感じられなくて哀しくなるよ!

----------
てな感じで、ふと思い出したので書きます。

「ドラえもん」を「ドラエモン」って書くひとがいますな。
「ドラエもん」という具合に、「エ」をカタカナにしちゃう人もいます。
手書きすると間違いがちです。
PCやケータイなら最近は「ドラえもん」と正しく変換されますね。

わしは、幼い頃初めて買ってもらったコミックがドラえもんだったので、ドラえもんを語り出すと止まりません。
全巻持ってるしね。

ドラえもんの話題になると必ず言うのが、アニメ版のドラえもんは真のドラえもんではない、ということ。
原作のドラえもんを読むとわかりますが、登場人物の人間関係が違うんです。

ドラえもんがのび太を呼ぶとき、
アニメは「のび太くん」とくん付けですが、原作では「のび太」と呼び捨てです。

しずちゃんもみんなから呼ばれるとき、
アニメは「しずかちゃん」ですが、原作では「しずちゃん」です。原作では「か」はいらないのです。

原作の方がずっと「友情」が描けている感じがして、いいなあと思います。

原作のドラえもんは漫画としても面白い話が多いのでオススメです。
わしもコレを買おうかなあと思ってる次第。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.23

ミスディレクション

そんなわけで出勤前に病院へ行き診察を受けました。
結果、カサブタがまだできていないので、明日も通院して先生に看てもらうことに…。
当然、今日もまたアゴにはガーゼです。
ただガーゼが多少小さくなりましたので、マスクを少し下げ気味にはめて出勤しました。

事情をすでに知ってる方には笑われましたが、ほとんどの方には「お、風邪かい?」って事で無事に通過。
「ヘルメットかぶってコンビニ行けば?」とかマスクが話題の中心になり、マスクの下に少し見えているガーゼは気にならない様子。

ぴしゃりとスーツを着ているので、それに似合わないマスクの方に気を取られて、ガーゼには注意が向かないんですな。
なるほど、これがミスディレクションってやつか、と妙に納得してしまいました。
いろいろな場面で使えそうなテクニックですわ。

そんな感じで今日が無事終わって良かった良かった。
明日から仕事が休みなのでゆっくり療養できます。

---------
傷はほとんど痛みとかないんですが、噛む動作をするとアゴの関節が痛いことに気づきました。
だんだん酷くなってきたので明日病院に行ったら看てもらいます。
凄い衝撃だったからなあ。関節が痛んだんでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.22

術後経過

そんなわけで怪我の後 毎朝病院通いの純水です。

ガーゼが日増しに大きくなります。
縫った傷だけならガーゼは小さくて良いのですが、周辺をこすっているので、そこから膿が出てる模様。
その膿でガーゼが張り付いてしまうので、張り付かないように特殊なあて布をします。
それを隠すためにガーゼが大きくなってしまうらしいです。

今日まで休みだったので良かったけど、いよいよ明日はマヌケ面さげて職場へGO!
出勤前に病院に行ってガーゼを取り替えてもらいます。
そこで大きなガーゼになるか小さなガーゼになるかで、笑われ度合いが変わってきますな。
原因がマヌケなので、きっと笑われるんだよなあ。

ああ、憂鬱~。
恥ずかしい~(´Д`)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2004年2月15日 - 2004年2月21日 | トップページ | 2004年2月29日 - 2004年3月6日 »