« 電車男が映画化 | トップページ | au攻勢:デザイン端末第4弾 »

2005.02.07

ボーダフォン社長また交代

■vodafoneニュースリリース(PDF注意)
■ケータイWatch:ボーダフォン津田氏退任、新社長にモロー氏
■ITmediaモバイル:苦境のボーダフォン、社長交代の真相

まさに苦境ですな。
1月は純減、それも58,700も。

その責任をとってというわけでもないようですが、12月に就任したばかりの津田社長が退任だそうです。
会長となって新社長と二人三脚でやっていくそうです。

しかし端から見ていると印象が悪いですよね。
社名がころころ変わったり、朝令暮改の料金改定を行ったり、社長が半年も経たずに替わったり…。
安定経営にはほど遠い印象をユーザーが受けるのは必至でしょう。


端末に関しても、この冬に投入した3G端末は「日本の常識が通用しない」世界標準のインターフェースになっているため、ユーザーは辟易しています。

ちゃんと日本仕様になった魅力的な端末も出して、会社自体の方向性もはっきりさせていかないと、ユーザーはどんどん離れていくでしょうね。

しばらくは純減も続くんじゃないかな。

|

« 電車男が映画化 | トップページ | au攻勢:デザイン端末第4弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/2846864

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダフォン社長また交代:

« 電車男が映画化 | トップページ | au攻勢:デザイン端末第4弾 »