« コンスタンティン | トップページ | スタパ師匠がブログ開始! »

2005.04.22

映画を観る前の参考サイト

■前田有一の超映画批評

そんなわけで一昨年から実にお世話になっている映画紹介サイト「超映画批評」です。

ここはコンセプトが素晴らしいです。

私の職業(映画批評家)の最も重要な役割は、映画業界の活性化です。このサイトでは、マーケットのボリュームゾーンである「年に数回程度鑑賞する」お客さんにターゲットを絞った情報提供を行い、彼らにあと数回劇場に足を運んでいただく事を目的としています。「映画を観る予定はなかったけれど、このページを読んで興味を持った作品を観に行ったら面白かった」と感じていただける事が理想です。

ということで、「一般客」が観て面白いかどうかを判断基準にして映画を紹介してくれるんですね。

100点満点で点数もつきますし、その週末に公開される映画を紹介してくれるの大変参考になります。
「今週のオススメ」「今週のダメダメ」など、イチオシがわかりやすいのも便利です。
ある程度レビューを読んでから観たい場合も、重大なネタバレは無いから安心です。

週末観る映画を決める時に便利な優良サイトですよ(o^∇^o)ノ

特に、知らない映画が「今週のオススメ」になっていたときにはレビューを軽く読むようにするといいですね。
知らなかった面白い映画に出会える可能性が高いです。

昨年はオススメされていた「下妻物語」(85点)や「海猿」(75点)や「SAW」(90点)を観に行きました。
実際に面白い映画ばかりで、掘り出し物の映画に出会えてとても感謝しています。


----------

で・す・が……(-_-)

低めの点数の映画はあんまりわしの感覚と合わないんですな。

まずなんと言っても、「CASSHERN」(15点)ね。
これはヒドイっす。

わしが昨年観た映画で最高に好きだったあのCASSHERNがけちょんけちょん。
レビューの内容も納得できたり出来なかったり。
CASSHERNは評価がはっきり二分した映画でしたから仕方ないかもしれないんだけどね。
前田氏は否定派、わしは超肯定派なのです。


それから、昨年物議を醸し出した怪作「デビルマン」(2点)。
これもヒドイ。

わしは普通に興味を持って観に行きましたが、そこまでコテンパに書かれるほどのヒドイ映画じゃなかったですよ?
いや、確かに良くできた映画ってわけじゃあないですけど、そこまで揚げ足取りしなくても良いんじゃないかと。
なんか、悪し様に書きすぎって感じなんですよね。
文章力あるんだし、もうちょっと書きようがあるんじゃないかしら。

特にデビルマンに関してはインターネット全体がネガティブキャンペーンを張ってるような感じで気持ち悪かったですね。
いくつかのサイトで、実際に観てもいないのに「超映画批評で過去最低点の「2点」をとったダメ映画」みたいに笑われてネタにされているのをみかけて哀しくなりましたよ。
観てもいないのに「見下す」のはダサイっす。
イジメカコワルイ。


他にも、主人公の強い愛にじーんと感動して大好きな映画「ヴィレッジ」が30点です。
レビューもなんだか納得いかないし。
地味だけどいい恋愛映画なのに~~!!


そんな感じで、わしの好みに偏りがあるのかもしれませんが、超映画批評で低点数であってもわしには楽しめる映画がいっぱいあるので、低い点数についてはあまり信用していないことにしています。


----------

そんなことがあるもんですから、最近は映画を観る前に超映画批評のレビューは読まないことにしてます。
「今週のオススメ」がついてるかどうかをチェックするか点数を確認するだけにしておいて、実際に映画を観てからレビューを読むんですね。

その方が自分の感覚を信用できるので。


で、久しぶりに大きく驚いたのが今回観た「コンスタンティン」ですよ(´・ω・`)

わしは本気で面白くなくて、「こりゃあ超映画批評でも20点ぐらいなんじゃないか??」と思ったぐらいのツマラナイ映画だったのに、意外な高得点を獲得してます。

なんか、CASSHERN(15点)のショックを思い出しましたな。


超映画批評のレビューが「一般受け」を基準にしているとすれば、わしの感覚はかなり世間ズレしてるって事になるわけで(´・ω・`)ショボーン

オマケに、コンスタンティンのネットでの評判を検索するとそんなに悪くない評価が多いし…。
みんな面白かったって書いてるし…。

そーかいそーかい、世間的にはこんな映画が面白くて、CASSHERNはだめなのかよう…。
くそう。
わしの感想なんてあてにならないのかよヽ(`Д´)ノウワーン…と思うことしきりなのです。


----------

そんなわけで、超映画批評がいかに優れた映画紹介サイトであっても、わし個人とは感想が違います。

それと同じで、ネット上に溢れる「感想」はどれも「アナタの感想」とは違うはずですから、アナタも余計なノイズ(わしの感想とか)に惑わされずに映画を楽しんでくださいね。


本当は、映画でも本でも音楽でも、そして「ニュース」でもそうですね。

アタリマエのことですが、「他人は他人、自分は自分」で情報を処理していこうじゃありませんか(o^∇^o)ノ


■下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
深田恭子 嶽本野ばら 中島哲也 土屋アンナ

東宝 2004-11-26
売り上げランキング : 1,930

関連商品
深田恭子 in 下妻物語 深田恭子in下妻物語 下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん 花とアリス 特別版 下妻物語オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
おすすめ平均
笑って笑って、ちょっとホロリ。女の友情ってイイね。
深田恭子のための映画!
疲れも悩みも消えた≪傑作≫
中島版「下妻物語」
既存の映画文法を乗り越えた優秀作!万歳!


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



■海猿 プレミアムDVD-BOX
伊藤英明 佐藤秀峰 羽住英一郎 加藤あい

ポニーキャニオン 2005-02-16
売り上げランキング : 2,224

関連商品
「海猿」ムービーボックス 愛と資本主義 海猿 UMIZARU~オリジナルサウンドトラック 世界の中心で、愛をさけぶ 完全予約限定生産DVD-BOX スウィングガールズ プレミアム・エディション
おすすめ平均
かっこいいわ・・・、ほんと。
さすがプレミアムBOX
プレミアボックスの意味不明
人命救助の厳しさ
海に生きる男たち


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■SAW ソウ DTSエディション
ケアリー・エルウェズ ジェームズ・ワン ダニー・グローヴァー モニカ・ポッター

角川エンタテインメント 2005-03-11
売り上げランキング : 6,507

関連商品
オールド・ボーイ プレミアム・エディション ヴィレッジ クライモリ デラックス版 コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション テキサス・チェーンソー コレクターズ・エディション
おすすめ平均
GREAT
策士、策に溺れる
最後まで見てしまった
ヤバイですよこれは
「セブン」+「CUBE」……?


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« コンスタンティン | トップページ | スタパ師匠がブログ開始! »

コメント

まあ人間100人いれば、考えも好みも100通り。

人がどうより、自分が「おもしろい!」と思えたらいいかな。

ってのが俺の考えっす。

だから、俺は人に賛同を得ようと思わないし、否定されたり賛同されたりすること自体に興味がないです。

ただ、その他の意見としてまとめて脳みその小部屋に格納し、「あーゆータイプの人はいいっていうし、こーゆータイプの人は面白くないっていうよね。で、俺はこう思う。」くらいの参考文献とします。

でも、自分が結構こだわりをもって、深くはまってるものについては、人間ってのは自分と反対の意見をだされると反発するもんですよね。

ソコダケハユズレナイ!

みたいな。そーゆーのはアリだとおもいますよ!(・∀・)

投稿: 高潮 | 2005.04.22 08:47

http://movie.maeda-y.com/movie/00467.htm
シベ超5が20点という意外な高得点なんで、
笑ってしまいました。

投稿: shakawa | 2005.04.22 20:54

>>高潮

仰るとおりですな~。
相手の好みと自分の好みが違うことを前提に付き合いたいですな。


>>shakawaさん

そうなんですよね。
点数は低めですけど、レビューに愛が感じられます(^∀^)
あ~このレビュー、shakawaさんに教えねばと思ってました。

投稿: 純水@管理人 | 2005.04.23 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10245/3804645

この記事へのトラックバック一覧です: 映画を観る前の参考サイト:

« コンスタンティン | トップページ | スタパ師匠がブログ開始! »