« 2005年11月27日 - 2005年12月3日 | トップページ | 2005年12月11日 - 2005年12月17日 »

2005.12.10

都会で友人と再会

そんなわけでシーフャが上京してきてるので、itarutchも誘って呑んできましたよ。

いやあ、K県の片田舎で知り合ったこの3人が銀座で待ち合わせて新橋の居酒屋でテーブル囲んで焼酎を呑んでる不思議さよ。
数年前のあの頃には想像できなかった絵柄です。

年齢もバラバラだけど同級生ってのがとても面白い。

学生時代の友人が就職した後にちょっと集まって呑んでる感じがするよな~。

良い人たちと知り合ったもんだと、とても愉快な気分になるのでした。
今後もずっと場所を変えながら時々呑めると良いなあ。

よろしくね>itarutch、シーフャ。


----------
ちなみにカラオケは2時間だけごくごく軽く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.09

みずほ証券の発注ミス

■YOMIURI ONLINE(読売新聞):みずほ証券発注ミス、巨額損失の可能性…市場は大混乱

すごいね、これ。
こんな事件があったんだな~。
引きこもってデイトレードに興じていたら、これを機に大儲けとか大損とかしてたかもな~。

てか、270億の損失って半端じゃないね。
担当者どうなっちゃうんでしょーか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.12.08

「1リットルの涙」での名言

■1リットルの涙(TVドラマ公式サイト)

そんなわけで毎週「1リットルの涙」をぼんやり観ている純水です。

あたしってぇ~、こういう感動ストーリーは観ない人だしぃ~、テレビドラマとかも観ない人なんだけどぉ~、なんかわかんないけどぉ~、いつの間にかビデオに録れててぇ~、なんかしんないけど夕飯時に目の前のテレビで再生されてるもんだからぁ~、欠かさず観てるわけぇ~。


----------

わしは涙腺が緩くてこういうのを真剣に観ると泣いちゃうから、なるべく離れたスタンスで観るようにしてるんですけど、今回の話は泣けたねえ。
思わず涙がぽろりぽろりこぼれました。


といっても、ドラマの本筋である難病の主人公(沢尻エリカ)が頑張ってるところに感動したんじゃないです。

そこではなくて、病院の先生(藤木直人)のちょっとしたセリフに激しく感動しました。

曰く、「伝えることをあきらめちゃいけない。聞く気持ちがある人には、必ず伝わるから。」(`・ω・´)


この言葉にじーんとしびれました。ジーンマイク。


ドラマ中では病気のためにスムーズに話せなくなりつつある主人公に対してのアドバイスとしてのセリフなんですが、わしはそれ以上に感銘を受けましたよ。


----------

そもそも、わしが一番好きな言葉っていうか人生訓的なフレーズがわしにはあって、それは「言葉はいつも想いに足りない ※」っていうフレーズなんですが、今回のセリフはそれに相対するイイ言葉だなあと思ったわけです。


人と人との付き合いってとても難しくて、どんなに言葉を駆使しても自分の想いを100%伝えることなんて出来ないですよね。
言葉が足りなかったり的を射てなかったりしてあらぬ誤解を招いたりします。

そういうもどかしさが「言葉はいつも想いに足りない」っていう短いフレーズに凝縮されていて、わしはとても好きなのです。


----------

ですが、「言葉はいつも想いに足りない」というフレーズは、それだけ聞くとちょっとあきらめにも似た感情を感じますよね。
「頑張ったってどうせ伝わらないって事でしょ?」みたいな。

それに対して、ドラマの先生が言ったセリフのなんて力強いこと!

キミには「聞こうとしてくれてる人」がいるじゃないか、味方がいるじゃないか。
伝えることをあきらめちゃいけない。伝わるように表現するんだ!

っていう力強さを感じませんか?


「言葉はいつも想いに足りない」というフレーズの裏にも当然、だからこそ一生懸命に表現しなければいけないっていう人間関係の真理が含まれてるとわしは思っています。

まさにそれを言葉にしたのが、先生の言った「伝えることをあきらめちゃいけない。聞く気持ちがある人には、必ず伝わるから。」というセリフであるなあと思ったのでした。

そういう言葉をドラマとはいえ、人が口に出して言ってるので説得力があります。

う~む、真理をついたセリフだなあ。


----------

そして、そんなことを考えている内にドラマは進み、クライマックスです。

病気が進行し、もはやゆっくりとしか言葉を紡げなくなった主人公に対し、主人公が憧れている彼くん(錦戸亮)が訪ねてきて、決めゼリフを言うのですよ。(ノД`)

おまえが話すなら、どんなゆっくりでもちゃんと聴くから。

キタ━━━━━。・゚・(ノД`)・゚・。━━━━━━!!


これは、わしが感動するのも仕方ありますまい。

ほらほら、先生が言ったとおりじゃないか!
キミには話を聞いてくれる人がいるんだよ!良かったね良かったね。
焦る必要はないんだよ。


そして彼くんもよく言った!言葉に出して想いを伝えることが大事なんだよ。
キミは偉いよ。
主人公ちゃんもさぞや嬉しかろう。よかったねえよかったねえ。


いやあ、いいなあ!
いいなあいいなあ。

あれ、ナミダがぽろぽろ( ゚´∀`)


----------

相変わらずわしは「人が理解者を得る」っていう場面に弱いですねえ。
やたらじーんときますね。


その根底には、人と人とは理解しあえないというわしの根本的なあきらめがありますな。

でも実はひょっとして、もしかしたら、何かの拍子に、お互いに完璧に理解し合う瞬間があるんじゃないだろうかっていう希望を感じられるから、そうだったら素敵だなあって感動するんだろうと、わしはわしを分析するのです。

----------

とまあ、そんなわけで久しぶりに感動したから一生懸命この記事書いてみたけど、わしの感じた感動ってみなさんに伝わるんかねえ(´・ω・`)
ドラマの本筋に対して感動してるわけじゃないしねえ。びみょう。

まあアレですよ、「言葉はいつも想いに足りない」んだから伝わらなくてもしょうがないよね。

(゚∀゚)アヒャヒャ




※「言葉はいつも想いに足りない」は、鴻上さんが劇中でよく使ってる言葉です。
 中学生の時に初めて聞いた時に感動して以来、わしの人生訓です。



関連サイト
■1リットルの涙(映画公式サイト)

続きを読む "「1リットルの涙」での名言"

| | コメント (4) | トラックバック (8)

2005.12.07

2800万台のザウぽん

■ASCII24:【遠藤諭のケータイ出たとこレポート】サヨナラ、“20世紀型のモノ作り”の発想! 『W-ZERO3』にユーザーが白熱する理由 Vol.1

そんなわけで、

ASCII24が10月末~11月初旬に行なった読者アンケートでは、なんと59.5%が“買いたい”という意思を持って持っており、さらに驚くべきは21.8%が“発売日に間違いなく買う”と答えている。

世間がこうなんだから、わしが欲しがるのはしょうがないでしょ!

あ~~~も~~~欲しいよ~欲しいよ~欲しいよ~欲しいよ~。

続きを読む "2800万台のザウぽん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

個性派人生相談アラカルト

■Excite エキサイト : ブックス:「カリスマに訊け! 個性派人生相談アラカルト-ガツンと叱っていただこう」 ニュースな本棚|

明日のテレフォンショッキングのゲストが北方謙三氏だそうで、誰だっけ?って調べてみたら行き着いたのが上の記事です。

かなりぶっとんだ人生相談が面白いッスね。
明日のテレフォンショッキングが楽しみになりました。

しかし、人生相談って面白いねえ。
どんな雑誌のどんなコーナーの人生相談も面白いけど、この記事のように答える人間がユニークだと、完全にエンターテイメントになるね。

続きを読む "個性派人生相談アラカルト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.06

ちょっとRD-T1ですってよ

■TOSHIBA:RD-X6/T1 - HDD-DVD from TOSHIBA

年末発売予定のフラッグシップ機「RD-X6」ですが、ネット限定でHDDを1T(テラ=1000G)に拡張したモデル「RD-T1」が発売される模様です。

すげーぜ東芝。

欲しいな~。今住んでるところはテレビ写りがあんまりよくないからレコーダーを買う意味無いけど、「モノ」として、とても欲しい。

宝くじ当たったら買おう。そうしよう。


----------
RDシリーズといえば、こないだ立ち読みしたデジタルモノ系雑誌で「実は買っちゃいけないハイブリッドレコーダー第1位」に選ばれていましたな。
RDユーザーでありRDマニアであるわしは怒り狂ったんですが、買っちゃいけないその理由が「・動作が遅い ・機能が多すぎる」というものだったので納得。

動作の遅さが気になるなら買っちゃいけませんな。
機能を楽しめないなら買う必要もないし。

某社の某レコーダーでも買いなされ。


ただし、ある程度機械を使いこなせる人ならRDはたまらん機械ですよ。

今回発表のT1なんかも、相当ヒキが強いッス。

続きを読む "ちょっとRD-T1ですってよ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ザウぽん」インタビュー

■ケータイWatch:「W-ZERO3」インタビュー 第3のコミュニケーション、ウィルコムの新たな挑戦

もうね、とにかくいじってみたいです。

買うかどうかは財布と相談だしいまは決められないけど、欲しいぜ欲しいぜ欲しくて死ぬぜ。

続きを読む "「ザウぽん」インタビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.05

自宅で粒子を加速せよ

■WIRED-NEWS:自宅に粒子加速器を設置?――近隣住民と議会から猛反対

ぎゃははは!

アメリカは凄いなあ。

自宅に粒子加速器を設置しようとするなんて、スケールがでかすぎます!

面白れーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月27日 - 2005年12月3日 | トップページ | 2005年12月11日 - 2005年12月17日 »