« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.23

amazonを利用した錬金術

■電撃速報!! Amazonを倉庫代わりにしていた転売厨終了のお知らせ

ヤフオクを本気で利用していたのは昔のこと。

今でも活用していたらこの魔法のような錬金術をわしもやってたかもなー。

最初に考えついたやつは頭良いなー。


手痛いしっぺ返しをくらったようだけれども。

続きを読む "amazonを利用した錬金術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.22

タツノコvsCAPCOMですって!

■今日のネタ | honeykicker.com

ぎゃー! 本当なら嬉しすぎますが!

カプコンクォリティのガッチャマンはカッコイイだろうなあ!

続きを読む "タツノコvsCAPCOMですって!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーボンナノチューブとアスベストが類似

■「カーボンナノチューブでも中皮腫」――アスベスト同様との論文 - ITmedia News

うーむ、カーボンナノチューブは軌道エレベータにも使われそうな「夢の素材」なのに、ひょっとしたら危ない素材なのかもしれないですなあ。

しっかり研究して欲しいです。

ナノテクって怖いのかもしれないですね。

続きを読む "カーボンナノチューブとアスベストが類似"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.15

移動履歴記録ガジェット

■GEOTEL XROAD | 新製品 パーソナルナビ Navi Stick

今日発見した素敵ガジェットです。
持ち歩くと、移動した場所を記録しておいてくれるらしい。
自宅に帰ってpcに繋げば、GoogleMAPと連動して、どこを移動したのか表示してくれるそうな。

これは便利でしょう!

浮気の疑いのある彼氏・彼女・妻・夫の持ち物に忍ばせておいて、あとで回収すれば、どこに寄り道したか一目瞭然ですな!


ていうか、わしはそういう風に使いたいんではなく、純粋に自分がどこを移動しているのかログを録りたいだけなんですがー。

旅行行ったときに、どこを観光して廻ったのか、あのデジカメで撮った写真はどの場所でとった場所なのかが記録されるってのは素晴らしいなあって思いますな。

あ~、小銭貯まったら買っちゃおう。

7月に旅行行くからそれまでには欲しいなあ。

続きを読む "移動履歴記録ガジェット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アイワ」終了

■「アイワ」終了 ソニー、製品出荷を完了 - ITmedia News

お、アイワ終了ですって。

なんか寂しいですなあ。

続きを読む "「アイワ」終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.13

32bit Windowsの管理外領域をRAM Diskに使う

■【特別レポート】32bit Windowsの管理外領域をRAM Diskに使う

昨今はメモリがやたらめったら安いので、こないだ3GBにメモリを増設したのですね。
んで、いくらなんでもWindowsXPに3GBのメモリは必要ないので、1GBはRAMdiskにして、temporaryファイル置き場として使ってます。

うちのマザーボードは8GBまでメモリを積めるのですが、Windowsが3.5GBまでしかメモリを認識しないし、管理領域以外をRAMdiskとして使うことも出来ないようでしたので、3GBまでの増設であきらめていたのですが、上記の記事によるとその限界を突破できる方法が見つかったようです。

これは画期的ですねー。

しかし、RAMdiskってイマイチ有効な活用方法が無いので、わしは試さないかも。

続きを読む "32bit Windowsの管理外領域をRAM Diskに使う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お薦め掃除関連サイトのまとめサイト

■【2ch】ニュー速クオリティ:お薦めの掃除関連サイトを教えれ

あー、紹介というか備忘録。

大掃除はこないだのGWにやったんですけどね。

これは後で読もう。

続きを読む "お薦め掃除関連サイトのまとめサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.08

月から見た地球

■かぐやアーカイブ│アースウォッチャー

'07年の紅白歌合戦を実家のハイビジョンで観ていたのですが、その時に流れた「かぐや搭載のハイビジョンカメラで撮影された月から観た地球の映像」の美しさには仰天しました。
美しかったですなあ。

上のリンクから動画が見れますよ。

みなさんもご覧アレ。

そして地球の美しさに「ぽわわ~」ってなりましょう。

漆黒の宇宙空間に浮かぶ青い地球はまるで宝石のように輝いています。

月面の死の大地っぷりと宇宙の暗黒っぷりとのコントラストが地球をことさら美しく見せるんですなあ。

この小さな青い球の上に貼り付いてるのが人間とか動物や植物なんだねえ。


あ~~人間なんてちっちぇえなあ。

地球は綺麗なんだなあ。


ぽわわ。


ハイビジョンほしーなー。

続きを読む "月から見た地球"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.07

W61SがイマイチなのでW44S続行

そんなわけでW44Sを続行することに決めましたよ。

本日DoCoMoショップに行って「SO02」というソニーエリクソン携帯向けのバッテリーを買ってまいりました。
auの機種で使うのは反則ですが、まあ自己責任で良いでしょ。(みんなやってるし)
ヘタッていたバッテリー問題もこれで解決です。

あとは「51SOPTA」というバッテリー充電器を買えば、今までのバッテリーと同時に充電できてバッチリかな。
多少値は張りますが、このまま冬までW44Sで行くとなれば無駄にはなりますまい。

ひょっとしたら外装交換もするかもしれません。
5250円で出来るらしいので、新品同様にするためにやっちゃおうかなー。
いまは割と傷だらけなんだよね…。

suica定期やらEdyやらnanacoやら入ってるので1週間も修理に出すのは不便なのです。

---------

それにしても、昨年夏に出たW53CA(EXILIMケータイ)といい、今回のW61S(CyberShotケータイ)といい、なぜもこう、撮れる写真がイマイチなんでしょうなあ。

わしは珍しい食事をしたときにそれを撮影するのが趣味なんだけど、W44Sは画質がイマイチなんだよなー。
以前のW21CAの時はCCDならではの発色と、CASIOならではの完全なピントのおかげでそれはそれは美味しそうな写真が撮れていたんですが、CMOSになってからはどの機種もイケてない。

W21CAは下手なデジカメに遜色ない写真が撮れていたのになー。
W53CAもW61SもCMOSだけどデジカメの名前を冠してるからかなり期待しますよね。
でも実機で確認してみましたが、所詮デジカメ画質にはほど遠いですなあ。
正直、W44Sと大して変わらない写真しか撮れない。
これなら機種変更する意味なし。

ああ、CCDをケータイに載せて欲しいもんだ。
CCDとCMOSの差が大きすぎると思う。

---------

あとW44Sはといえばメモリースティックですな。
microSD全盛の今ではキツイと思われるかもしれませんが、いやいや実はケータイ最強の容量である4GBに対応してるんですねー。すごいねー。

これがとても重宝していて、音楽も映画も写真もがんがん入れられるのです。

入れられるのですが、これも機種変更を阻む原因なんですなあ。

だって今更2GBに退化できますかっての。

microSDになっちゃった昨今の機種はなぜに2GBまでしか対応しないかねー。
microSDHCに早いところ対応して、8GB以上を使えるようにして欲しいなー。

そしたらW44Sの優位性が無くなるのにねー。


---------

だからW44Sの後継機種でないかなあ~って夢想しますね。W44SIIとかさー。

・デジカメ画質アップ
  →画素は300M据え置きで良いので、画質をケータイの中ではダントツな感じに
・デジカメ機能アップ
  →広角28mmとかミニフォトとかスマイルシャッターとかブログアップとか便利でしょ!
・デュアルオープンは継承
  →この変態的なギミックが快感。そして実は写真撮影時に使いやすいのだ。好きだ。
・3インチは継承、VGAに。(インターネットマシンばりに3.5インチやっちゃう?)
  →大画面かつ高精細に
・LISMO Port 対応に
  →ATRACはmp3より明らかに高音質で素敵!
・Bluetooth搭載に
  →ワイヤレスへの憧れ
・FeliCa OS version 2.0搭載に
  →W44Sはversion1.0だから、FeliCaアプリがあんまり入らなくて困るのよー。
メモリースティック PRO Duo16GBに対応!
  →外部メモリは大きいほど良いに決まってる!
・さくさく
  →操作感はさくさくでお願いします!


こんなん出たら最高なのだが。デマセンカ?


---------

まあ、でないだろうからしばらくこのままW44Sでいくわー。


---------

あ、夏モデルの発表(代理店向け説明会)は5/15ってホントかしら??

どうせ夏モデルもイケてないんだろーなー。

続きを読む "W61SがイマイチなのでW44S続行"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »